大切なバイクを高く売却するためのお役立ちNavi

大切なバイクを高く売却するためのお役立ちNavi

知っておいて損はない!おすすめのバイク売却先ランキング

バイク売却するならおすすめの買取業者BEST3
バイクランド
買取価格
★★★★★
担当者の
対応
★★★★★★
バイクワン
買取価格
★★★★★★
担当者の
対応
★★★★★★
バイク王
買取価格
★★★★★
担当者の
対応
★★★★★
HOME » 【タイプ別】カスタムバイクの買取事情を調査

【タイプ別】カスタムバイクの買取事情を調査

カスタムバイクの買取情報をネイキッドやアメリカンなどタイプ別にまとめました。各項目ごとに買取事例も掲載しています。

カスタムバイクの買取情報

どうせバイクを売却するなら、少しでも高く買い取ってほしいというもの。それには買取業者の選び方が重要です。

カスタムバイクの買取価格は依頼する業者によって大きく上下します。車種や車両状況によって、業者が見出す価値はそれぞれ変わってくるのです。

業者の得意・不得意や、チカラを入れている車種などを把握することは、高額買取につながります。各項目ごとに買取事例を紹介しているので、バイクの売却・処分を考えている方はぜひ参考にしてください。

ネイキッド

エンジン部分がむき出しになっているオーソドックスタイプのバイク。市場に出回っている数が最も多いタイプで、買取価格も比較的安定している傾向にあります。車種によっては旧式の人気が高く、プレミア価格が付いているものも少なくないようです。

アメリカン

ハーレー・ダビッドソンに代表されるアメリカンスタイルのバイク。国内メーカーからも多様な車種が販売されていて、古くから根強い人気を誇っています。デザイン性を支持されることから、カスタム需要も多いのが特徴。カスタム内容が買取価格に特に反映される傾向にあります。

ツアラー

快適なツーリングを想定して作られたフルカウル型のバイク。スピードに特化したモデルも数多くあり、ライディングを追及したいライダーにも人気のタイプです。車体価格が高額なものが多いので、カスタム車両でも高額の買取価格が期待できる車種です。

ビッグスクーター

一時期のビッグスクーターブームにより、需要が急速に高まったタイプのバイクです。以前は外出時の利便性ばかり取り上げられていましたが、近年はファッション性の高さが支持され、若者からの人気が急上昇。カスタム需要も多いので、カスタム車両は買取価格がプラスされるケースも多いようです。

レーサーレプリカ(スーパースポーツ)

ライディングポジションがかなり前傾姿勢になるのが特徴のレーサーレプリカ。カワサキのNinja250やヤマハのYZF-R25、ホンダのCBR250RRなどは人気があり、250ccでも高値で買取ってもらいやすいタイプのバイクです。

リアフェンダーレスやウィンカーレスなどのカスタムは、よりレーシーな雰囲気をかもし出すので高額買取が期待できます。

ストリート

街乗りやファッションとして最適なストリートバイク。小型で軽くて取り回しが楽なので、女性でも乗りやすく街中での走りにおすすめです。タンク・シート・ハンドル・ホイールといったカスタムパーツが豊富にそろっており、オーナーのセンスによってカスタムされたバイクがたくさんあります。

カスタムの際に、OHLINS(オーリンズ)やbrembo (ブレンボ)などの高級メーカーのパーツを使用していた場合、高値がつきやすいです。

オフロード

荒れた地面や山道でも走れるオフロードバイク。車高が高めでサスペンションのストロークが長いのが特徴です。ハンドガードやタイヤをカスタムしているバイクは、高値で買取ってもらいやすくなります。さらに、フレームガード装着・リアサス交換といったカスタムは、買取業者に好印象を持ってもらいやすいようです。

オールドルック(クラシック)

一見ネイキッドに見えるオールドルック。クラシックやネオクラシック、レトロと呼ばれている古いデザインのビンテージ風バイクです。主に単気筒や二気筒のバイクが多く、トルクを活かしてゆったりと走るのに向いています。

セパレートハンドルに変え、カフェレーサー風にカスタムされたオールドルックは人気が高く、高値で買取ってもらいやすい傾向にあります。

カスタムして買取価格が上がるパーツ・下がるパーツ

バイクの買取はフルノーマル状態は高値で取引されており、カスタマイズすることで買取額がさがってしまうこともあります。しかし、最近ではバイクファッションに興味を持ち、気軽にカスタマイズをする人が増加傾向にあります。では、カスタムバイクにすることでどのような買取価格が変わってくるのでしょうか。

・査定額が変わる理由は「どのようなカスタムをしているのか」

カスタムバイクの場合、改造した後にバイク当事者の趣味や嗜好が現れやすいため、カスタマイズの内容によって好き嫌いが分かれることが多いです。転売する業者は、カスタムバイクよりもノーマルバイクの方が汎用性があるので査定額が高額になる傾向があります。しかし、バイクをカスタムするにはパーツ代やメンテナンス代がかかるのも事実。そのため、ある程度イジっているバイクの価格は高くなる可能性があります。

つまり、バイクの買取価格はパーツによって「人気があり万人受けするもの」なのか、「個性的で独特なもの」なのかで変わってきます。多くのライダーに好まれる定番のパーツを付けている場合、人気の衰えは軽減され容易に転売することができます。

しかし、個性的なカスタムの場合、賛否両論が多く乗り手を選ぶようなものは転売の可能性が薄くなってしまうことも。

・カスタムマイクの査定額が下がる理由は「次の乗り手が限定されてしまう」

カスタム具合は、趣味や嗜好が影響することもあり、次の乗り手が限定されてしまいます。フルノーマルのほうが汎用性があるため、業者側で状態を戻して売ることも少なくありません。その場合、メンテナンス代として査定額が下がってしまう可能性があるので注意が必要です。但し、サスペンションや動力系(エンジン・トランスミッション等)に関わるような改造を施している場合、簡単にノーマル状態に戻せないため査定額が下がる確率がもっとも高いと言えます。

しかし新たなパーツを買い、カスタマイズした際に、純正パーツをそのまま所持していることもあるのではないでしょうか?ノーマルパーツと一緒に査定すると、価格が上がる可能性もあります。

・カスタムマイクの査定額が上がる理由は「万人受けするカスタム」

万人受けするカスタムとは、ある程度型のあり一般的に人気とされているもの。例えば、ブレーキホースをメッシュホースに変えることで、ダイレクトにブレーキに力が伝わりブレーキの効きが良くなるだけでなく、見た目もかっこよくなることから、定番カスタムと言えます。他にもフェンダーレスキットやヘッドライトをHID化するなど、人気の高い定番カスタムとして扱われます。

人気のパーツにも査定時の流行りがあるため、価格変動の可能性がありますがバイクショップでは市場調査を実施しているところも多く、査定の際は細かくチェックしてもらうこともできます。カスタムバイクを売るならバイクショップを使ったほうが査定額が高額になる可能性が高いと言えます。

また、マフラーであれば「ヨシムラ」や「モリワキ」のブランド品、ハンドルであれば「セパレートハンドル」、ビッグスクーターのシートのようなものが、査定額が上がりやすいバーツと言えます。

カスタムバイクを高く売るコツ

・カスタムバイクと一緒に純正パーツを見てもらう

愛車をカスタムしている方は、査定してもらう前に純正のパーツの有無を確認しましょう。カスタムで取り外した純正パーツは残しておくと査定額アップにつながります。あまり万人受けが良くないカスタムバイクでも、純正パーツがあれば査定額が大きく減額されることはありません。万人受けの良いカスタムバイクの場合なら、通常の買取価格にプラスした査定額を提示してもらえる可能性が高くなります。例えば、マフラーをヨシムラにしたり、サスペンションをOHLINS(オーリンズ)に変えていたりすると高値がつきやすいです。

・やり過ぎたカスタム車はノーマルに戻す

車検に通らないレベルのカスタムの場合は、大幅な減額になるおそれがあるので、売却する前に純正パーツに戻しておくと良いでしょう。業者によっては、それまで取り付けていたカスタムパーツを引き取ってくれます。高価なカスタムパーツを手放す際にしっかりとアピールできれば、査定額アップにつながるでしょう。

・取扱説明書や整備記録を用意する

バイクを売却する際に取扱説明書や整備記録を用意すると、買取業者からの印象が良くなります。取扱説明書や整備記録をしっかりと保管しておけば、「このバイクは整備されているからきちんと走る」という印象を与えることができるのです。整備記録に残っている細かい履歴は、査定スタッフへのアピールポイントとなります。

さらに、リコール対象となった車両を売却する際には、リコール対策の有無についても一緒に伝えておきましょう。

・定期的に洗車・メンテナンスを行う

手入れが行き届き、状態の良いバイクは買取額を高くつけてもらいやすくなります。反対に、いくら高級メーカーのパーツを取り付けたカスタムバイクでも、状態が悪いと「しっかりと走れないバイク」という印象を持たれ、買取価格が下がってしまいます。

カスタムバイクを高く売るには業者選びも大切!

ここまで説明してきた内容をまとめると、カスタムバイクを買い取ってもらう場合は、カスタマイズを施すことで、買取額が下がってしまう可能性があります。やはり一番は純正のパーツに需要があるのです。しかし、最近ではバイクファッションに興味を持っている方も多く、カスタマイズを気軽に施す方が多くなっている傾向にあります。ですので、パーツをカスタマイズしていても、高値で買い取ってもらうことが可能です。

カスタムによっては、高値で買い取ってもらえるものとそうでないものは分れます。例えば、誰もがいいバイクだと思える万人受けするカスタムである場合は、メンテナンスや改造にもお金がかかっていますから、買取金額も高くなります。

しかし、かなり個性的なカスタムを施しているバイクの場合は、需要が少ないということもあり、買取金額が下がってしまう可能性があります。最近では、個性的なバイクを好む方が増えている傾向にあるために、一昔前よりはマシになりました。しかし、未だ個性的なバイクの買取金額は低いままです。

すでにパーツをカスタムしている場合は、万人受けするようなパーツに一から変えようとしてもさらにお金がかかってしまいます。確かに需要のあるパーツにした方が高値で買い取ってもらえますが、わざわざカスタムしなおさなくても高値で買い取ってもらえる方法があります。それは、バイクショップに買取を依頼するということです。

車やバイクなど幅広く買い取っている業者だと、様々な車種を扱うために、パーツ自体の買取相場を把握できていない場合が多いです。そこで利用するのが、バイクを専門としているバイクショップで買取を依頼することです。しかし、バイクショップといっても多種多様な業者があります。 ですので、バイクを買い取ってもらう業者を1から選ぶとなると、時間も手間もかかります。

そこで当サイトでは、バイク買取業者をランキング形式でまとめました。ランキングと共に、業者の特徴も説明していますので、カスタムバイクを高値で買い取ってもらいたいと考えている方は、ぜひ一度ランキングを確認して見ましょう。