大切なバイクを高く売却するためのお役立ちNavi

大切なバイクを高く売却するためのお役立ちNavi

知っておいて損はない!おすすめのバイク売却先ランキング

バイク売却するならおすすめの買取業者BEST3
バイクランド
買取価格
★★★★★
担当者の
対応
★★★★★★
バイクワン
買取価格
★★★★★★
担当者の
対応
★★★★★★
バイク王
買取価格
★★★★★
担当者の
対応
★★★★★
HOME » バイク高額売却・査定のための予備知識 » バイク持ち込み査定の方法と注意点

バイク持ち込み査定の方法と注意点

バイクの持ち込み査定では、愛車を高く売るために事前の準備が大切です。ここでは、バイク持ち込み査定の流れと注意点について紹介しています。大切なバイクを高値で売却したい方は必見です。

バイク持ち込み査定の大まかな流れ

STEP1◆バイクを買取店に持ち込む日時を決める

バイクを持ち込み査定してもらう際には、事前に買取業者へ電話をしてバイクを持ち込む日時を調整することから始めます。

買取業者の店舗へいきなりバイクを持って行っても、すぐに査定してもらえるわけではありません。査定担当者が不在の場合もあり、何時間も待たされることも考えられます。また、事前に連絡を入れていないと買取業者側を焦らせてしまうことも。双方にとって余計な手間をかけないためにも、事前にアポイントを入れて査定の日時調整をしておきましょう。

STEP2◆必要書類を確認・準備

バイク査定の前に、必要書類を用意しておきましょう。車検証・登録証や自賠責証明書などをあらかじめ準備してください。また、書類の不備が原因で、査定が終わった後でバイクの年式や型式が違っていたことが発覚した場合、査定額が下がってしまうケースも報告されています。

関連記事:バイク売却査定に必要な書類>>

STEP3◆査定

買取業者のスタッフがバイクの外装やエンジンなどの状態を細かくチェックします。また、年式や人気も考慮して査定額が算出されます。バイクをカスタムしている方は事前に純正パーツも用意しておくと、査定額アップにつながりますよ。10~30分ほどで査定が終了し、スタッフから査定額を提示されます。

しっかりとした買取業者であれば、その査定額の根拠について詳しく説明してもらえます。

STEP4◆価格交渉・商談~契約

バイクの査定が終わり買取金額が提示されたら、価格交渉や売却のステップへと進みます。買取業者が提示してきた査定額に納得できれば、売却する意志を伝えて所定の手続きを行ないましょう。その後に自賠責保険や任意保険の解約の流れとなります。

一方、査定額に納得できない方は、買取業者と値段交渉を行います。交渉する際には、バイクの買取相場価格や売却タイミングをあらかじめ調査しておくと役に立ちますよ。

関連記事:バイク売却時の査定基準・査定方法は?>>

査定時はバイクだけでなくオーナーも見られている!

査定スタッフはバイクと同時にオーナーの様子も観察しています。バイクを査定してもらっている間は、堂々とした姿勢で「しっかりとチェックしてくれよな!」という気持ちで見守りましょう。

査定スタッフは交渉にも慣れているので、初めて愛車を売却する方やバイクの売却に慣れていない方には強気な査定額を提示することがあります。査定スタッフがいくつもの質問をしてきたら、オーナーの性格やバイクとの付き合い方を探ろうとしている証拠。査定スタッフからの質問に対して下手に応えてしまうと査定額を低く提示されてしまい、高値で売却できないことにもつながりかねません。交渉のプロを相手にしていることを忘れないようにしてください。

「数字を言わない」交渉術

査定時にスタッフが「他のバイク買取業者で査定しましたか?」「いくらで売却したいと考えていますか?」といった質問を何気なく投げかけてきます。しかし、その質問は査定額に影響するので、具体的な数字をこちらからは言わないことがバイクを高く売る秘訣です。

査定スタッフがオーナーに対していくつもの質問をして具体的な売却額を聞き出そうとするのは、査定額算出におけるリスクを避けるため。他の業者よりも安い査定金額を提示してオーナーの信用を得られなかったり、売却してもらえる金額よりも高い査定額を提示したりすることを避けたいのです。

大切にしてきたバイクを高値で売却するためには、査定スタッフから具体的な金額を提示させないといけません。しかし、具体的な数字を言ってはいけないからといって、全ての質問をはぐらかすのはNG。優柔不断ではっきりとしていないオーナーだという印象を与えて、バイクを売却する気がないと判断されてしまいます。すぐに売却する意思やどれだけ大切にしているかのアピールをすることが、査定額アップのポイントです。あくまでも金額に関することだけを査定スタッフに丸投げするスタンスでいると良いですよ。

STEP5◆売却金額を受け取る

査定額に納得ができれば契約する意志を伝えて手続きを進めましょう。数日後には売却したバイクの代金を受け取ることができます。銀行振り込みが主流ですが、中にはその場で現金を支払ってくれる業者も。すぐにお金が欲しい方にとってはありがたいですね。

バイク持ち込み査定には事前準備が大切!

愛車を高値で売るためには前もって用意しておくべきことがあります。ここでは事前準備にて必要なことについてまとめました。

落とせる汚れはケアしておく

買取業者へ持って行く前にバイクの汚れを落とし、メンテナンスケアをしましょう。外装が汚れたままの状態で持ち込まれると、査定スタッフは大事に扱われていないバイクなんだなと感じ、メンテナンスが行き届いていないと判断します。そのように思われることは査定額に対するマイナスでしかありません。大事に乗ってきたことをアピールするための洗車とともに、エンジンのかかり具合やブレーキパッドの異音などをできる範囲でチェックしておきましょう。

洗車するメリットはバイクを大事にしてきたことをアピールするだけではありません。買取業者へ持って行く前に細かいところまで洗うことで、バイクの不具合や傷など自分では気づいていなかった愛車の状態が把握できます。バッテリーの調子について確認して、上がり気味なら充電しておくのも、売却時の心証をよくするコツの一つです。部品の交換や修理など費用がかかる範囲までは必要ありませんが、簡単なメンテナンスを行なうだけで査定減額リスクを避けることができます。

純正パーツを準備する

愛車をカスタムしている場合は、取り外していた純正パーツも一緒に提示すると売却価格が上乗せされます。カスタムしたままのバイクはノーマルのバイクと比べて全体的に需要が低い傾向にあります。純正パーツを準備しておけば、買取業者自身がカスタムパーツと取り換えてノーマルの状態に戻せるので高額査定につながるのです。また、カスタムした車体でも人気があるものや流行しているパーツであれば、査定でプラス評価をもらえることもあるようです。

特にマフラーの純正パーツは必ずとっておきましょう。社外品のマフラーを取り付けているバイクだと、車検基準の排気音を上回っている可能性があり、買取業者側としては取り扱いにくいバイクとなります。しかし、純正のマフラーも用意されていれば、査定スタッフ側に対して良い印象を与えることになります。

査定には「時間帯」も重要!

バイクの査定は時間帯によっても対応が変化します。ここではバイク査定を依頼するのに適した時間帯と避けたい時間帯を紹介しています。

バイク査定に適した時間帯とは?

買取業者へバイク査定を依頼する時は、平日がおすすめです。自分以外の利用者が少ないので、スムーズに査定してもらえるからです。

平日にバイクを買取業者へ持って行くことができない方は、週末の午前中が狙い目です。週末は利用者が多いため、午後に持って行くと順番待ちとなり何時間も待たされてしまうおそれがあります。つまり、スムーズに査定してもらえる平日または週末の午前中がバイク査定に適した時間帯と言えます。

バイク査定で避けたい時間帯

バイクを査定してもらう際に一番避けるべき時間帯は閉店間際です。

査定にかかる時間自体は10~30分ほどとはいえ、スタッフが提示した査定額に納得できなければ価格交渉をすることになり、営業時間を過ぎてしまうこともあります。スタッフ側のモチベーションも下がり、お互いにとって実のない機会となってしまいかねません。閉店間際に買取業者へバイクを持って行かないように気を付けましょう。

高値での買取業者は?バイクのおすすめ売却先を比較