大切なバイクを高く売却するためのお役立ちNavi

大切なバイクを高く売却するためのお役立ちNavi

知っておいて損はない!おすすめのバイク売却先ランキング

バイク売却するならおすすめの買取業者BEST3
バイクランド
買取価格
★★★★★
担当者の
対応
★★★★★★
バイクワン
買取価格
★★★★★★
担当者の
対応
★★★★★★
バイク王
買取価格
★★★★★
担当者の
対応
★★★★★
HOME » バイク高額売却・査定のための予備知識 » バイク一括査定の問題点・おすすめしない理由

バイク一括査定の問題点・おすすめしない理由

手間がかからない便利なサービスというイメージで人気のバイクの一括査定ですが、実際は「当初の査定額より大幅に安くなった」という声が多く、数々のトラブル事例も報告されています。賛否両論が飛び交うバイクの一括査定について、バイク買取業界のリアルな事情から見た注意点などをまとめました。

バイクの一括査定とは?

バイクの一括査定とは、一度の申し込みで複数のバイク買取業者に同時に査定依頼をかけられるサービスのことです。

一般的なバイク査定依頼では、買取業者公式HPの申し込みフォームや依頼専用ダイヤルを通じて、氏名や電話番号、売りたいバイクの車種や排気量など、バイク売却に必要な情報を伝えます。通常はこのようにバイク買取業者それぞれ1社ずつに査定を依頼するものですが、一括査定サービスではその工程が1回で済むため多くの手間が削減されます。

査定を依頼できる業者は、一括査定サービスの種類や運営元に応じて異なります。申し込み可能なバイク買取業者のなかから自分でチェックを付け、一括査定に参加してもらう業者を選ぶこともできます。

一見便利に感じるが…

一括査定は「1回の入力で同時に複数の買取業者に依頼できる」「地域ごとに対応している買取業者を簡単に調べられる」といったメリットが大きな特徴です。これだけ見ると便利で役に立つように感じますが、実際に各業者から提示される査定・見積額のほとんどは信頼性に欠けた数字となっており、まったくと言っていいほど役に立ちません。むしろ、マイナスに働く恐れもあるため、一括査定はあまりおすすめできないというのが正直なところです。

悲鳴続出!?バイク一括査定の問題点

では一体、バイク一括査定のなにがダメなのか? ここからは一括査定の知られざる問題点や裏事情、事前に知っておきたいデメリットについて解説していきます。

登録したとたん鳴りやまない鬼電の嵐!

バイク一括査定を申し込んだ後は、依頼したそれぞれの買取業者からメールまたは電話で連絡が来ることになっています。この場合、ほとんどの業者が電話で連絡を入れてくるため、申し込み直後は鬼のような電話の嵐に襲われます。1分おきに電話が鳴るなんてこともまったく珍しくありません。一括査定を行なっていることは業者側も把握しているので、競合他社に先を越されぬよういち早く出張査定のアポを取ろうとしてくるのです。

一括査定は複数の買取業者に同時に依頼できることがメリットですが、裏を返せば複数の業者を同時に相手にしなければいけないわけです。10社に頼んだ場合、10社分の電話やメールに対応しなくてはいけないため、鳴りやまない電話にうんざりすることも少なくありません。

個人情報の取り扱い、本当に大丈夫?

バイク一括査定を依頼するということはもちろん、登録時に氏名や電話番号、メールアドレス、住所など個人情報をいくつもの業者に一斉に渡すことになります。法令順守が徹底された会社であれば、プライバシーや個人情報の取扱いに関しても十分に注意を払っているとは思いますが、街の小さな会社や名前も知らないような販売店の場合はどうでしょう? どこか不安になるのも否めませんよね。

アポの鬼電からも分かるように、個人情報を渡す以上、それをどう利用するかはすべて相手側が決めることです。個人情報の取り扱いに注意が求められる現代において、それらを軽んじることは事件・事故を引き起こす原因にもなるため、十分な注意や配慮が必要になります。

一括査定業者を挟むぶん、査定額が目減りする

バイク一括査定を行う場合、バイクのオーナーと買取業者との間に、サービスを提供している一括査定サイト・システム業者への報酬が加わります。当然ですが、その分の金額はバイクの査定額から引かれることになります。

事前の査定額が信用に値しない

一括査定において最大のデメリットとなりうるのが、「オンライン査定額がまったく参考にならない」「実際の査定額が想定よりも安くなる」という問題です。

バイク買取業界は競争が激しく、一括査定サイトに登録している全国のバイク買取店や販売店も、まずはお客さんにその存在を知ってもらうため、過剰ともいえるアピールをしてきます。バイク買取におけるアピールポイントといえば、もちろん査定額です。高額査定を提示すれば、その分お客さんの目を引くことができます。実はここに一括査定の落とし穴が隠されています。

バイクオーナーの目を引くためなら手段を選ばない

オンラインでの査定額はあくまでも相場であり、目安です。そのため、オーナーの目を引くために査定額を通常よりも高額に設定する業者も決して少なくありません。買取業者からすれば、まずはオンライン査定で選んでもらわないとなにも始まらないので、そのためには手段を選びません。最初の査定で選んでもらえさえすれば、あとは査定当日、何かしらの理由をつけて徐々に査定額を落としていけばいいのです。その結果、当初の査定よりも大幅に安い査定額を提示されることが多くなるのです。

もちろん、なかにはしっかりと適正に査定を行う会社もありますが、これは他社との競争を勝ち抜くための一つの手段なので、バイク買取業界においては避けられないことなのかもしれません。どちらかと言うと、この一括査定システム自体に大きな問題があるのではないでしょうか。

バイク査定スキルに乏しい担当者

一括査定において、実際の査定額が大幅に下がってしまうことには、ほかにも要因が隠されています。それは、バイク買取専門店以外にも一括査定に登録している業者があるということ。バイクの知識に乏しく、正確な査定を行えないリサイクル業者や回収業者なども買取業者として登録していることがあるそうです。

バイクの価値を見抜けない方の査定では、高額買取価格をつけるリスクに踏み込めないことがほとんどのため、査定額が大幅に低くなる傾向にあります。一括査定にはそういった見えない落とし穴も隠されているので、十分な注意が必要です。

「業者vs業者」の構図になってしまう出張比較オークション

一括査定の裏側には、危険な業界事情がまだまだ隠されています。特に、一括査定からの5社出張比較オークションなどは高いリスクが伴うので注意が必要です。

出張比較オークションとは、事前の電話やメールで高値を付けた会社を複数集め、その場でオークションを行い一番高い値を付けたところに売却するというもの。しかし、実際の現場では、希望の売却価格を大幅に下回ることがほとんどなのだとか。

では、「事前の査定で30万円以上を提示した5社を集めた」という場合を想定し、現場でよくある話の例を紹介します。

業者A:「では、うちは15万円で!」

自分:(え?事前の査定では30万円って言ってたじゃん!?)

業者B:「じゃあ、うちは18万」

業者C:「ならうちは20万」

業者D:「それならうちは25万!…よし!うちが最高値の25万をつけたので、売ってください!」

自分:(最初は30万円って言ってたのに…)

このように、一括査定は「オーナーと業者」のやり取りではなく、「業者と業者」でのやり取りになってしまいがちです。これを防ぐには、最初の段階で「30万以下は売らないので、30万からスタートです!」と宣言しないといけません。しかし、それを言われると帰ってしまう業者も多く、結局泣き寝入りするしかないという状況に陥ることになるわけです。

「どこの業者に売ったかわからない」という悲劇も…

もっとひどいケースになると、最終的に「どこの業者に売ったのか分からない」という人もいるようです。数社出張比較オークションで訳の分からないうちにバイクを持っていかれ、売却価格をまだ払ってもらっていなかったりといった、最悪なケースも報告されています。

一括査定ではなく、しっかりと信頼できる1社と向き合い、出張査定に来てもらうことが高価買取につながる確かな道だと言えるでしょう。

まとめ:一括査定では満足のいく取引は難しい

バイク一括査定は、「なんでもいいからさっさと売りたい」「面倒だからすぐに済ませたい」という人にしかおすすめできません。高額査定を望むには、かなり無理がある売却方法と言えます。業者からの鬼電に耐えられる強靭なメンタルやトップセールスマン並みの交渉力が必要となるでしょう。

バイクを高値で買い取ってもらうには、信頼できる1社と向き合い、出張査定に来てもらうのがもっとも確実です。自分のバイクを正当な価格で売りたいという方は、一括査定に頼らず、自分の手で信頼できる1社を探してみてください。

高値での買取業者は?バイクのおすすめ売却先を比較