大切なバイクを高く売却するためのお役立ちNavi

大切なバイクを高く売却するためのお役立ちNavi

知っておいて損はない!おすすめのバイク売却先ランキング

バイク売却するならおすすめの買取業者BEST3
バイクランド
買取価格
★★★★★
担当者の
対応
★★★★★★
バイクワン
買取価格
★★★★★★
担当者の
対応
★★★★★★
バイク王
買取価格
★★★★★
担当者の
対応
★★★★★
HOME » バイク高額売却・査定のための予備知識 » バイク出張査定の流れとメリット・デメリット

バイク出張査定の流れとメリット・デメリット

バイク出張査定とは、自宅などに買取業者に出向いてもらい行う査定のこと。持ち込み買取とは異なり、売却後のクーリングオフも適用される安心のサービスです。ここではバイク出張査定の流れとメリット・デメリットについてまとめています。

バイクの出張査定とは?

バイク買取業者が自宅などに訪問してバイクを査定し、その査定結果をもとに買取可能な金額を提示するサービスのことです。買取業者に提示された査定額に納得して手続きを行なえば、その場でバイクを売却できます。わざわざ店舗まで足を運ぶ必要がなく、自宅に居ながらバイクを売却できる便利なサービスです。

バイク出張査定の7ステップ

STEP1◆電話・ネットで査定を申し込む

バイクを売却する際に大切なのは、なんといっても業者選びです。バイクを高く売るために買取業者を慎重に選びましょう。査定は基本的に無料なので、複数の業者へ出張査定を申し込んでも問題はありません。一般的には大手業者であるバイクワンやバイク王などを利用するのがおすすめ。依頼したい業者が決まれば、電話やネットで出張査定を申し込みましょう。

査定申し込みの際に必要な情報

電話で査定を申し込む際には、所有バイクの詳細情報を確認されます。そのため、事前に必要な情報を用意しておくとスムーズに電話やメールで申し込めます。

以下が受付時に必要とされる情報です。

  • メーカー名
  • 車種名
  • 年式(400㏄以下は車体番号)
  • 走行距離
  • 車体色
  • 車検残
  • カスタム・改造箇所
  • バイクの程度
  • 車検証(登録証)の名義人

関連記事:バイク売却査定に必要な書類>>

オンライン自動査定でおおまかな査定額を事前確認!

出張査定をしてもらう前に、ネット上でおおまかな査定額を把握できる自動査定を利用しましょう。自動査定とは、メーカーや排気量、車種などの項目を入力するだけで、簡単に査定額をチェックできるサービスのことです。バイクワンやバイク王の公式サイトで同様のサービスが利用できます。

特に、自動査定を利用するならバイクワンの「オンライン自動査定」がおすすめ。通常なら簡単な個人情報の入力が必要ですが、バイクワンは登録不要なので個人情報を入力する手間をかけずに確認できます。

ただし、ネット上の自動査定で表示された金額通りの買取額に必ずなるわけではありません。エンジンの状態やフレームの歪みなどで査定額が変化することをおさえておきましょう。

▲バイクワンのオンライン自動査定では個人情報の入力が一切不要
画像引用元:バイクワン公式HP(https://www.bikeone.jp/)

STEP2◆折り返し連絡~査定の日時を調整

査定の申し込みが完了した後、電話やメールで折り返しの連絡があります。バイクを売却する際に必要な書類についても教えてもらえるので、電話で折り返し連絡がかかってきた時に備えてメモを用意しておきましょう。

その際に出張査定の日時を調整できます。タイミングが合えば当日に買取業者が来てくれることもあるようです。繁忙期は日時の都合が合わないことが多いので、バイク買取業者が最も忙しい3月の査定申し込みは避けたほうがいいかもしれませんね。

STEP3◆必要書類を確認・準備

バイクの出張査定をしてもらう際には、必要な書類の事前準備が大切です。査定時に書類がそろっていないと後日になって年式や型式が違っていたことが発覚した場合、査定額が変化してしまうケースも少なくありません。査定額の変動を未然に防ぐために、車検証・登録証や自賠責証明書などをそろえておきましょう。

STEP4◆出張査定

査定の当日は指定した場所まで査定スタッフが来て、バイクを査定してくれます。

査定スタッフは車体の状態や年数、人気などを軸にチェック。主にエンジンのかかり具合やハンドル・サスペンションの状態を観察しながら査定額を算出します。査定額を教えてくれた後に「なぜその金額になったのか」を詳しく教えてくれるでしょう。自分のバイクに不具合があるなら査定時にあらかじめ伝えておくと良いですよ。もしもウソをついてしまうと、他にも不具合を隠しているんじゃないのかと疑われてしまい、査定額が下がるおそれもあるので注意しましょう。

査定にかかる時間はどれくらい?

バイクの外装やエンジン、足回しの状態を細かくチェックします。査定時間は10~30分ほど。特に出張査定の場合は、申し込みの段階である程度業者側にバイクに関する情報を伝えているので、スムーズに査定してもらえます。

STEP5◆価格交渉・商談~契約

査定が終わった後、提示された金額に不満があれば、価格アップの交渉をしましょう。利用者にはバイクを高く売るために交渉する権利を持っています。納得のいく価格にするためには、オンライン自動査定などを利用しある程度買取相場の知識や高く売るためのノウハウを身につけておくといいかもしれません。もしも交渉が上手くいかず不満の残る価格になった場合は、売却しないという方法も選べます。

関連記事:バイク売却時の査定基準・査定方法は?>>

査定スタッフが提示した価格に納得できれば、売却する意思を買取業者に伝えましょう。その場でサインして契約手続きをすれば、売却完了です。その後の名義変更手続きや廃車手続きなどは、買取業者が代行してくれるケースが多いので、手間もかかりません。

クーリングオフも適用可能

買取業者の態度に圧倒されてしまい、説明・納得が不十分なまま無理やりバイクを売却してしまった場合は、クーリングオフが適用されます。クーリングオフとは一旦契約を交わした後でも一定期間内であればその契約を解除できる権利です。バイク売却の知識として頭に入れておきましょう。

クーリングオフが適用できる期間は契約日を含めて8日以内と法律で定められています。そのため、クーリングオフを利用したい方は8日以内にバイク買取業者へ通知を出さなければいけません。また、バイクを買取ってもらった契約をクーリングオフできるのは、バイク買取業者の出張査定で売却した場合のみとなっています。

クーリングオフを行なう際には、必ず書面で通知しましょう。特定配達記録郵便・簡易書留で行なうと相手が受け取ったという証拠を残すことができます。ハガキを発送する時にはコピーして手元に保管しておくと良いですよ。

STEP6◆売却金額を受け取る

交渉が成立して契約や車両の引き渡しが終わると、査定してもらった分の金額が買取業者から支払われます。それと合わせてほとんどの業者が行なってくれる名義変更名義変更の手続きを進めてくれるでしょう。

嬉しい!その場で即金支払い業者も

支払い方法は基本的に銀行振り込みですが、バイクワンなど一部の業者はその場にて現金で支払ってくれます。バイクワンの場合、売却する本人が所有者の場合に限りますが、すぐにお金が欲しい方にとっては助かりますね。

STEP7◆名義変更

売却の契約が完了すると、バイクの名義変更は買取業者が行なってくれるケースがほとんどです。名義変更の完了には一週間ほどかかります。それから業者から名義変更の完了通知のコピーが届けば、バイクの売却は完了です。バイクを売却してから1~2週間ほどで業者から名義変更完了の通知が届きますよ。

しかし、売却後にお金を受け取り、名義変更を買取業者に代行してもらうからといって安心してしまうと、痛い目にあってしまいます。万が一、買取業者が名義変更を行なっていることに気づけなかった場合、バイクの所有者はまだ自分にあるので年度が変わると税金を支払わなければいけません。そうならないためにも名義変更を買取業者が代行してもらえる場合は、バイクの名義が変わったことをしっかりと確認しましょう。

持ち込み査定とはどう違う?バイク出張査定のメリット・デメリット

自分の好きなタイミングでバイクを査定してもらえるバイク出張査定。そのメリットとデメリットをまとめて見てみましょう。

メリットとデメリット

バイク出張査定のメリット

自宅に居ながら査定してもらえる

バイク出張査定の一番のメリットは、自宅まで査定スタッフが駆けつけてくれることです。1年以上乗っていないバイクを査定してもらう場合、エンジンがかからなかったりタイヤの空気が漏れていたりする可能性もあるので、買取業者のところまで自分で持っていけないケースも少なくありません。

その点、バイク出張際は査定申込時に日時を調整すれば不動車でも査定してもらえ、買取業者まで出向く手間もなくなります。

査定だけでも利用可能

バイクを売却するために出張査定を利用した場合でも、スタッフが提示した査定額に納得できなければ売却を拒否することができます。「出張査定を依頼したのだから、バイクを買取ってもらわないといけないのでは?」という不安を持つ方も多数いるようですが、買取業者側は査定だけでも歓迎してくれるので、気軽に利用して構いません。

これまで大切に乗ってきたバイクを手放すのですから、査定スタッフと交渉してなるべく納得できる金額にしてもらうようにこだわってみるといいですね。

店舗での査定より比較的高値がつきやすい

出張査定の場合、店舗で査定してもらうよりも高い価格を提示されるケースが少なくありません。

買取業者は遠方から利用者の自宅へ駆けつけています。価値の高いバイクや買取可能なバイクがあった場合、何とか一度の訪問でバイクを売却してもらいたいので、利用者が納得できる価格を提示することもあるようです。また、業者がバイクを買い取る際にチェックするポイントをクリアしていないバイクでも買い取ってもらえるケースもあります。

出張査定だけがクーリングオフを適用できる

バイク売却のクーリングオフは出張査定での契約だけが適用されます。クーリングオフが適用される期間が8日間と法律で定められていますが、悪質な買取業者に査定を依頼して、仕方なく売却してしまった方にとっては便利な制度です。

バイク買取業者の店舗へ自分からバイクを査定してもらう場合は、クーリングオフが適用されないので注意しましょう。

バイク出張査定のデメリット

個人との売買に比べて安値になる可能性がある

出張査定と個人間での売却では、提示される金額に差が生まれてしまうことがあります。個人間の場合はバイクの状態や経過年数だけではなく、購入したい側がどれほどそのバイクが好きなのかによっても買取価格が変動するからです。バイク好きの方が高値で買い取ってくれるケースがあるので、買取業者の出張査定の提示額の方が安くなってしまうことも考えられます。

高値での買取業者は?バイクのおすすめ売却先を比較