バイク売却するならおすすめの買取業者BEST3
バイクランド
買取価格
★★★★★
担当者の
対応
★★★★★★
バイクワン
買取価格
★★★★★★
担当者の
対応
★★★★★★
バイク王
買取価格
★★★★★
担当者の
対応
★★★★★

バイク売却査定に必要な書類

バイクを売却・査定してもらうには、いくつかの書類の事前準備が必要です。バイク査定に必要な書類やその他に用意すべきものについてまとめました。

必要書類は排気量に応じて異なる

バイクを査定する前に準備しておくべき書類は、車体の排気量に応じた違いがあります。必要となる書類を排気量別に見ていきましょう。

排気量125cc以下

排気量が125cc以下の原付や原付2種のバイクを査定する際には、以下の4点を用意する必要があります。

  • 標識交付証明書
  • 自賠責保険証
  • 印鑑
  • 身分証明書

標識交付証明書とは、市区町村からナンバープレートを交付されたことの証明書です。仮に標識交付証明書を紛失してしまった場合は、ナンバープレートを交付してもらった市区町村の役所で再発行してもらいましょう。自賠責保険証をなくした方は、加入している保険会社にて再発行できます。

また、印鑑はシャチハタNGとなりますので注意してください。身分証明書に関しては運転免許証で問題ありません。

排気量125cc~250cc

排気量が125㏄~250㏄のバイクを査定してもらう前は、以下の4点を用意しましょう。

  • 軽自動車届出済証
  • 自賠責保険証
  • 印鑑
  • 身分証明書

125㏄以下のバイクと異なり、標識交付証明書の代わりに軽自動車届出済証が必要です。

軽自動車届出済証とは、軽自動車の内車検の義務が免除された車両であることの証明書です。自動車には備え付けが義務づけられています。仮に紛失してしまった場合は、管轄である陸運局で再発行してもらいましょう。

排気量250cc以上

排気量が250㏄以上のバイクを査定してもらう場合は、以下の4点が必要です。

  • 車検証
  • 自賠責保険証
  • 印鑑
  • 身分証明書

250㏄を超える排気量のバイクには車検があり、車検証には車検取得時の走行距離が記載されています。査定するにあたり、実走行か走行距離不明車かを判断するため、査定スタッフは車検証を重要視しているのです。

紛失してしまった場合はこちらも管轄である陸運局へ車検証の再発行を依頼しましょう。車検証がないと走行距離不明扱いとなり査定額が下がってしまうので、大切なバイクを高値で売却するにはきちんと準備する必要があります。

廃車手続きを事前に済ませる

125cc以下の原付や原付2種は、あらかじめ廃車手続きや抹消手続きを済ませておくと、査定額が高くなるケースがあります。125cc以下の原付や原付2種の場合、事務手続きを行う場所は陸運局ではなく市区町村の役所です。そのため、査定を依頼する際に住んでいる場所よっては、手数料が発生します。

事前に廃車手続き・抹消手続きを済ませおけば、手数料を査定額から差し引かれないので、査定額のアップにつながるのです。廃車手続き・抹消手続きした際は、廃車証明書をしっかりと保管しておきましょう。

一方、125cc以上のバイクの場合は全国各所にある陸運局で手続きができるので、査定前に廃車手続きや抹消手続きをしてもしなくても、査定額はあまり変わらないそうです。

売却手続きは?

バイク売却の手続きは、買取業者に査定を依頼するところから始まります。持ち込みや出張査定の際、査定スタッフにバイクの状態を見てもらいましょう。査定基準では、車種や走行距離、ボディーの色といったスペックです。不法改造がないか、安全基準を満たしているかなどもチェックしてもらえます。さらに、傷やサビといったマイナス要素になる部分を確認したうえで、バイクの買取額が決まるのです。

査定後は、査定額に買取申込書に納得できたらサインするだけ。その場で現金を受け取るか、振込口座を記入して後日お金を受け取れば売却完了です。廃車や名義変更などの手続きは、ほとんどの業者が対応してくれるので、あまり心配しなくても問題ありません。

その他に用意すべきもの

査定してもらう前に用意しておくべきものとして、その他に以下の5点が挙げられます。必須というわけではありませんが、事前に準備しておくと役に立ちます。

  • 取り扱い説明書やバイク購入時に添付された書類
  • 純正パーツ
  • スペアキー
  • 納税証明書
  • 買取額を振り込んでもらう口座の通帳

このように査定するバイクについて詳しい情報がわかるものがあるメリットは、より正確に査定できるだけではありません。書類がそろっていると次のオーナーが見つかりやすくもなるので、査定額アップにつながるのです。

自分名義でないバイクの場合は?

未成年でバイクの名義が本人ではない場合、査定してもらう前に名義人本人へ電話確認を行なう場合があります。また、委任状の提出も必要です。

買取業者によっては独自の同意書や委任状を用意していることがあります。査定を申し込む際に未成年であることや名義人本人ではないことを伝えておきましょう。

名義変更をするケース

個人同士の売買の場合は名義変更を自分自身で行わなければいけません。知人へ依頼する時は、陸運局で委任状や申請書などの必要書類を用意する必要があります。

一方、買取業者へ売却した場合は印鑑だけで、名義変更に必要な書類をそろえることが可能です。仕事が忙しくてなかなか休みが取れない方は、買取業者へ売却した方が便利ですね。

書類の不備に注意!

バイクの買取を専門にしている業者ではなく、バイクの整備や販売がメインのバイクショップへ愛車を売却した場合、書類不備があると再発行手続きとして手数料がかかるケースがあります。また、売買契約書や明細に手数料についての記載がなくても、再発行手続きをする手間賃を本来の査定額から差し引かれていることも。バイクショップへ売却する時は必要な書類を自分でそろえておきましょう。

書類をそろえる時間がない方やスムーズに査定してもらいたい方は、買取専門の業者へ売却した方が良いかもしれませんね。

業者・オークションで売却する時の注意点

業者へ売却時

愛車を買取業者へ売却する際には、複数の買取業者へ査定依頼すると良いですよ。査定額や人気車種は流動的に変化するものなので、さまざまな買取業者に見積もりを算出してもらったうえで、買取の相場を把握しましょう。

何も知らない状態だと業者が低く提示した査定額で売却してしまうおそれがあります。

また、初めに依頼した業者が希望の買取額で買取ってくれるとは限りません。

売却交渉時は、バイク買取業者のペースに乗せられないようにしましょう。基本的に自分から希望買取価格を言わないことが大切です。例えば、希望額を20万円と伝えてしまうと、本来なら30万円で売れるはずのバイクが20万円で買い取られてしまいます。愛車を高値で買い取ってもらいたいなら、あえて希望額を伝えずなるべく自分のペースで交渉しましょう。

オークションで売却時

受け渡し後にトラブルが発生することがあるため、オークションで売却する際は写真をたくさん掲載するのがおすすめです。傷や破損部分をアップで撮影した写真を載せて、できるだけ詳細にバイクの状態を説明しましょう。

細やかな説明がないと、受け渡し後にバイクの修理費を請求されるケースもあります。後のトラブルを避けるには、受け渡す際に落札者に一度試乗してもらうのが良いかもしれません。その時に問題がなければ、後になってクレームになる可能性が低くなります。

また、オークションで売る場合は、受け渡す前に名義変更を済ませておくことがベストです。名義変更をし忘れると、翌年の自動車税が請求されてしまうので、必ず済ませておきましょう。

高値での買取業者は?バイクのおすすめ売却先を比較