バイク売却するならおすすめの買取業者BEST3
バイクランド
買取価格
★★★★★
担当者の
対応
★★★★★★
バイクワン
買取価格
★★★★★★
担当者の
対応
★★★★★★
バイク王
買取価格
★★★★★
担当者の
対応
★★★★★

バイクを売る際の手続き

初めてバイクを売る場合は、査定の前に何を用意すれば良いのか、どのような手順を踏むのかなど、疑問に思うことも多いでしょう。ここでは、バイクを売る際に、必要となる手続きや手順などについて解説します。

バイクを売るときの手続きの流れは?

買取業者にバイクを売る場合は、まずバイクの買取価格を決めるための査定をしてもらいます。車種や年式、走行距離、車体番号、ボディーカラーなどの仕様などがチェック対象です。改造の有無や安全基準を満たしているかなども細かく見られます。

サビやキズなどの確認を終えれば、査定は完了です。提示された金額が満足のいくものであれば、買取を申し込む手続きへと進みます。もちろん、買取価格に納得できない場合は、売るのを止めても問題ありません。

買取を申し込んだ後は、「廃車手続き」や「名義変更」など、税法上で必要な手続きを行います。手続きが済んで業者から代金を受け取ったら、取引は終了です。

走らせられないバイクも売れる

故障していたり、車検が切れていたり、自賠責保険の更新をしていなかったりなどを理由に、走らせられないバイクを保有している方もいるでしょう。運転する者がいなくなったり、いろいろな理由から動かせなくなったりしたバイクでも、出張査定を利用すれば売ることは可能です。

出張査定の流れ

出張査定では、バイクを置いている場所まで担当者が出向いてその場で査定してくれるサービスを行っています。通常の査定と同様に、細部まで確認した後で買取価格を提示してもらうのが大まかな流れです。その金額に満足できたら売買契約を結び、契約後はそのまま業者がバイクを持ち帰ってくれます。動かないバイクの処分に困っている場合は、一度見積もりをとってみると良いでしょう。

査定依頼前の準備もしておこう

買取業者に出張査定を依頼する際に、バイクがなぜ動かないのか(動かしていないのか)という理由も伝えておくと、その後の査定がスムーズに進みます。業者とアポイントを取る際には、バイクを売るために必要な書類を確認し、早めに準備しておくことも大切です。

原付バイクを売る際は書類持参

スクーターなどの原付バイクを売却しようと考えたら、まず初めにすることは「廃車手続き」です。原付バイクを廃車にするためには、「ナンバープレート」「標識交付証明書」「印鑑」の3つを用意しなければなりません。ナンバープレートは、廃車の際には必ず返納するものです。バイクから外して持参しましょう。

廃車の手続きは、原付バイクの登録先である市区町村の役所へ出向いて行います。原付バイクの廃車手続きは、とてもシンプルで簡単にできるため、個人で行う方も多いようです。ただ、時期によっては役所が混雑しているため、それが煩わしい方には買取業者に依頼するのが良いでしょう。

業者に依頼する場合、その日のうちに手続きを完了させたいのであれば「標識交付証明書」と「自賠責保険証明書」、「身分証明書」「印鑑」を用意しておくのがおすすめです。

状況次第では、「軽自動車税」の納付証明書が必要になることもあります。軽自動車税を納めていない場合は、買取してもらえないので注意しましょう。

バイクを売るならローン完済後が理想

バイクのローンが残っている場合は、買取してくれない業者もあります。スムーズな買取を行うためにも、バイクの購入代金は、なるべく完済しておくことが大切です。バイクを売る際は、車検証に記載されている「使用者」と「所有者」の名義が、買取を依頼する本人の名前になっていることが理想となります。

買取業社が行う手続きは、どこの業者を選んでもほとんど変わりません。手続きの流れを把握し、事前に必要書類を準備しておくことで、スムーズな売却が可能になります。