大切なバイクを高く売却するためのお役立ちNavi

大切なバイクを高く売却するためのお役立ちNavi

知っておいて損はない!おすすめのバイク売却先ランキング

バイク売却するならおすすめの買取業者BEST3
バイクランド
買取価格
★★★★★
担当者の
対応
★★★★★★
バイクワン
買取価格
★★★★★★
担当者の
対応
★★★★★★
バイク王
買取価格
★★★★★
担当者の
対応
★★★★★
HOME » バイク高額売却・査定のための予備知識 » バイクの走行距離と売却値の関係性とは?

バイクの走行距離と売却値の関係性とは?

走行距離は売却値にどのくらい影響するのか

一般的に走行距離が少ないバイクは高値で、走行距離が多いバイクは安値で取引されることは理解しているものの、どの程度売却値に影響するのかまではわかりません。どれぐらいの距離から買取価格に影響が出るのでしょうか。

走行距離と売却値の関係性

実は、バイクの走行距離は5段階で判断され、買取価格が下がります。

  1.  ~5,000kmまで
  2.  ~10,000kmまで
  3.  ~20,000kmまで
  4.  ~30,000kmまで
  5.  30,000km~

つまり、バイク買取の場合は30,000kmを超えると、どれだけ走っていてもほぼ同じ扱いとなります。

走行距離と同様に大切な項目とは

走行距離と同様に

  • バイクの年式
  • 排気量や耐久性
  • バイクの希少性

も売却値に係ってきます。例えば、高年式のバイクであれば、走行距離が少ないほど新車に近い状態と判断されるため、査定価格が高くなります。そして、3年落ちや希少性のあるバイクも同様に査定価格が高くなります。また、バイクは排気量が高いほど、耐久性が高い傾向があります。

排気量毎の走行距離

バイクのカテゴリーによって、走行距離が多いと判断される目安は

50cc以下の原付1種 10,000km
125cc以下の原付2種 15,000km
250ccクラスのスクーター 15,000km
250ccクラスのミッションバイク 20,000km
400ccクラスのバイク全般 30,000km
600cc~750ccクラスのスポーツバイク 20,000km
401cc以上の大型ビッグスクーター 30,000km
401cc以上の大型ネイキッドバイク 40,000km
401cc以上の大型アメリカンバイク 20,000km
401cc以上のスポーツバイク 30,000km

となります。

走行距離で査定額が変わる理由

走行距離が長いと売却値も下がるといったことは理解しているものの、その根本まで理解していますか?査定額が下がる理由は「バイクにも寿命・限界がある」から。買取業者もバイクの転売を目的にしているので、売れないバイクでは本末転倒。特に、スポーツバイクのような高回転で負荷をかけやすいバイクやたまにしか乗らないバイクは寿命が短くなりやすい傾向があります。とはいえ、バイクの寿命は「使い方」と「メンテナンス」次第で大きく変わってきますので、乗り方を工夫したり、日々の手入れは念入りに行ったりして、売却に備えましょう。