大切なバイクを高く売却するためのお役立ちNavi

大切なバイクを高く売却するためのお役立ちNavi

知っておいて損はない!おすすめのバイク売却先ランキング

バイク売却するならおすすめの買取業者BEST3
バイクランド
買取価格
★★★★★
担当者の
対応
★★★★★★
バイクワン
買取価格
★★★★★★
担当者の
対応
★★★★★★
バイク王
買取価格
★★★★★
担当者の
対応
★★★★★
HOME » メーカー別 買取人気バイクはコレだ! » HONDA

HONDA

HONDA(ホンダ)の買取で人気のある車種をご紹介します。売却の参考にどうぞ。

「HONDA(ホンダ)」バイクの高価買取車種

●CB1300SF

  • キャブ車やインジェクションを問わず高価買取対象になる人気車です。
  • 相場買取価格:700,000円(H20年~)

●CB400SF Revo

  • 現行モデルのため中古車市場ではあまり流通していない車種で、人気が高めです。
  • 相場買取価格:470,000円~550,000円

●CB400SF Vtec

  • 流通台数は多いものの、Vtecは全シリーズが人気となっています。前モデルであるバージョンSやボンドールも高価買取になります。
  • 相場買取価格:440,000円(H18年以降のSpecⅢ)

●シャドウ400

  • ドラッグスターと同様に人気がある車種です。後継車種のインジェクション搭載シャドウクラシックも高値がつきます。
  • 相場買取価格:420,000円(H19年以降)

●HORNET250

  • 流通台数は多いものの、以前として人気が高い車種です。
  • 相場買取価格:420,000円(H18~)

●マグナ250

  • 絶版となった今でも人気が続いています。250ccに見えない堂々とした車体です。
  • 相場買取価格:400,000円(H18以降の最終型)

●CB400SS

  • レトロな外観が人気のある車種です。
  • 相場買取価格:330,000円(H20)

●VTR250

  • 燃費が良く乗りやすいので人気があります。キャブ車もインジェクション車も高価買取対象です。
  • 相場買取価格:300,000円(H17~)

●エイプ100

  • ノーマルからカスタムまで幅広く高価買取対象となる人気のある車種です。
  • 相場買取価格:220,000円(H20以降のタイプD)

●モンキー

  • 1967年の発売以来、進化しながら生産され続けている人気の高い車種です。
  • 相場買取価格:200,000円(H21以降のインジェクション)

「HONDA(ホンダ)」バイクの査定・買取額相場

人気の車種がたくさんあり、高値で買取ってもらう可能性が高いHONDA(ホンダ)。ここでは排気量別に車種の買取価格や評価ポイントについてまとめました。

50cc以下

Dio

  • 査定・買取相場価格:5,519~39,731円
  • 査定・買取の評価ポイント:外装に傷やへこみ、金属部分に錆がなく走行距離が少ない状態の車両なら高値で買取ってもらえるでしょう。また、メンテナンスを行ないエンジンのかかりが良いとポイントが高くなります。また、Dioは通勤・通学や近所に買い物へ行く際に便利なため、トップケースをつけた状態だとプラス査定となるケースもあるそうですよ。

Dio ZX

  • 査定・買取相場価格:6,104~41,039円
  • 査定・買取の評価ポイント:Dio ZXは生産終了した絶版車なのですが、中古車として人気があります。そのため、買取の評価ポイントとなるのは外装の傷が少なくてキレイであることと、丁寧にメンテナンスされてエンジンのかかりが良いことです。現在の主流である4ストロークエンジンとは異なりDio ZXは2ストロークエンジンなので、アクセルを空けるとすぐに加速することができますよ。

ズーマー

  • 査定・買取相場価格:15,895~80,901円
  • 査定・買取の評価ポイント:高年式FI(フューエルインジェクション)車両や限定・オプション装着車両が人気のズーマー。メーカー希望小売価格が20万円以上する車種のため、定期的にメンテナンスをして状態が良ければ、高めの査定額がつくことも少なくありません。原付スクーターは1年乗るごとに1万円ほど価値が下がるため、乗らなくなったタイミングで売りに出すほうが高く売ることができます。

エイプ50

  • 査定・買取相場価格:90,000~60,000円
  • 査定・買取の評価ポイント:生産終了している車種のため、比較的高値で買取ってもらえる傾向にあるエイプ50。車検に出す必要がないので、改造して自分だけのバイクにして楽しむ方が多くいるそう。そのため、バイクをカスタイマイズする趣味の方からの人気が高いバイクです。また、ミッション車なので、楽しみながら50㏄バイクに乗りたい方からも人気があり、多くの中古車が出回っています。

マグナ50

  • 査定・買取相場価格:17,419~102,069円
  • 査定・買取の評価ポイント:10万以上の高値で買取ってもらえるマグナ50。原付の中でも大きめなアメリカン50㏄バイクです。傷が少なくてキレイ車体であれば高値で買取ってもらえるでしょう。生産終了してから10年以上経っていますが、根強い人気があるバイクなので比較的高めの査定額がつきます。

リトルカブ

  • 査定・買取相場価格:7,684~77,127円
  • 査定・買取の評価ポイント:リトルカブの場合、キャブレターからFIへ変更した後のモデルだと高値がつく傾向にあります。リトルカブは低燃費で始動性の良さから人気の車種です。また、50thスペシャルモデルとはじめとする限定車種も高い査定額がつけられます。特に限定車の場合、走行距離が少ない車両であればあるほど高価で買取ってもらいやすくなるでしょう。

モンキー

  • 査定・買取相場価格:46,070~214,819円
  • 査定・買取の評価ポイント:生産終了してしまっているため、中古の需要が高く最高買取額が24万を超えるモンキー。ミッション車・小さな車体が好評で人気があり、ファンの多い50㏄バイクです。カスタム車両でも需要があり、高値で買取ってもらうことも珍しくありません。また、FIモデルも高価買取となるケースが多いようです。

モンキー リミテッド

  • 査定・買取相場価格:106,044~210,290円
  • 査定・買取の評価ポイント:限定仕様や一部年式・特殊モデルのモンキー リミテッド。モンキーのコレクターは多く存在しているため、需要が高い傾向にあります。モンキー リミテッドの高価買取のポイントは保管状態の良さと走行距離の少なさです。状態が良くあまり走っていない車両ほど高い査定額がつくでしょう。モンキー リミテッドは何種類もあり、メッキモンキーや東京リミテッド、ゴールドモンキーなどさまざまな限定仕様があります。

スーパーカブ50

  • 査定・買取相場価格:15,335~65,365円
  • 査定・買取の評価ポイント:スーパーカブ50の高価買取査定のポイントは、走行距離と年式です。現行型のFI採用のモデルは指導性の良さから人気があります。昔のキャブレター車両に関してはカスタム車であれば高価買取の対象となることがあるそう。また、過去に存在していた上級グレード仕様のスーパーカブ50も高く評価されます。自宅の車庫に昔のスーパーカブ50を保管している方は、ぜひ一度査定に出してみるのもアリですね。

トゥデイF

  • 査定・買取相場価格:17,287~48,639円
  • 査定・買取の評価ポイント:トゥデイFの場合、転倒した数や走行距離が少なければ少ないほど高価買取のポイントとなります。そのため、外装の傷やへこみがない状態だと高値で買取ってもらえるでしょう。また、純正のトゥデイFにイモビアラームのようなセキュリティオプションを追加することができるため、購入時にオプションを追加した場合、査定時にしっかり伝えておくと良いですよ。

JAZZ

  • 査定・買取相場価格:5,000~1,151,549円
  • 査定・買取の評価ポイント:車体のキレイさが高価買取のポイントとなるJAZZ。外装の傷やへこみ、錆などがない車両だと高値で買取ってもらうことができます。JAZZはカスタムされている車両が多いため、希少性の高いノーマル車両を査定してもらうと高値がつくことも。また、1986年式のメッキパーツを多用したスペシャルバージョンだとさらに買取額の上乗せに繋がります。

NS-1

  • 査定・買取相場価格:8,588~96,012円
  • 査定・買取の評価ポイント:NS-1は、2ストロークエンジンを搭載したレーサーレプリカということで需要が高いバイクです。年式や保管状態が買取のポイントとなります。NS-1の販売当時に多くの車両が売れたため、今でも多くの車両数があります。しかし、製造からかなりの年月が経っているため、車体の劣化やメンテナンス状況で買取価格が大きく変化するのです。

ゴリラ

  • 査定・買取相場価格:62,000~130,000円
  • 査定・買取の評価ポイント:ミニバイクオーナーの増加や生産終了したことで買取価格が高くなっているゴリラ。モンキーと同じようにカスタムして楽しめるため、人気があります。また、バイクとしてのポテンシャルが高く、9Lの大型タンクを搭載した4速ミッション車ということで需要があるようです。十分に楽しめるバイクなのですが、長期間乗っていないのならば今が売り時かもしれません。

ジャイロキャノピー

  • 査定・買取相場価格:11,486~92,800円
  • 査定・買取の評価ポイント:現在のジャイロキャノピーの買取価格は低いのですが、定年を迎えた世代から需要が高まっているため、今後買取価格が上がる可能性があります。メンテナンスを徹底していないジャイロキャノピーのオーナーの多いので、塗装剥げがなくて状態の良い車両なら高値で買取ってもらうことができるでしょう。

ジュリオ

  • 査定・買取相場価格:5,000~72,377円
  • 査定・買取の評価ポイント:ジュリオの高価買取のポイントは保管状態や限定モデルかどうかです。さらに走行距離も査定時に大切なポイント。2ストロークエンジンを搭載しているため、査定時には車両の状態を厳しくチェックするそう。また、色あせや外装のヒビなどの経年劣化が少ない限定モデルは、高い査定額がつく傾向にあります。

モトコンポ

  • 査定・買取相場価格:24,772~133,228円
  • 査定・買取の評価ポイント:モトコンポの場合、車体のキレイさとノーマル車両であることが高値買取のポイントとなります。カスタムしたモトコンポも高値で取引されることがあるようなのですが、高値で買取ってくれる業者が少なく、なかなか高値で売ることが難しいようです。モトコンポを売りに出そうと考えている方は、カスタイマイズせずになるべくノーマル車両を査定してもらうようにしましょう。

ドリーム50

  • 査定・買取相場価格:200,737~365,930円
  • 査定・買取の評価ポイント:ドリーム50は車体数が少ないため、レストアした車両や整備必須な車体であっても高値で取引が行われるケースがあります。屋内保管のおかげで保管状態が良く、走行距離が少ない車両の場合は中古と思えないほど高い査定額がつくことも少なくありません。また、希少価値のあるパーツを組まれた車両や未使用の車両の場合、新車価格を超えることもあります。

51cc〜125cc以下

スーパーカブ90

  • 査定・買取相場価格: 21,522〜63,311円
  • 査定・買取の評価ポイント:スーパーカブ90はホンダが販売している「スーパーカブ」シリーズの原付2種クラスエンジンを搭載するバイクです。買取価格は高額ではありませんが、比較的に安定しています。少しでも高額買取を狙うのであれば、カブを専門に扱うバイク買取業者に依頼するのがおすすめです。高価買取査定のポイントは、メンテナンス状況や年式など。また、スーパーカブ90はモデルで装備等が異なり、ドラムブレーキ径や装備などパーツごとの仕様により買取価格が変わる場合もあるようです。

スーパーカブ90 カスタム

  • 査定・買取相場価格:36,844〜80,934円
  • 査定・買取の評価ポイント:年式や走行距離が高価買取査定のポイントです。車庫できちんと保管されており、メンテナンスもしっかり行なわれている車両は、想像以上の高額査定となるケースも存在します。「ホンダ スーパーカブ90 カスタム」はホンダが販売しているカブシリーズの90ccモデルとして発売されたオートバイ。数多く存在するカブシリーズの中でも、安全・安心感が高いグレードです。

スーパーカブ110

  • 査定・買取相場価格:60,505〜160,009円
  • 査定・買取の評価ポイント:2009年に発売されたスーパーカブ110は、デザインが中年層~熟年層に人気があり、高価買取が期待できるバイクです。走行距離が長くてもエンジンに耐久力があるため、買取業者にとっては安心して買えるオートバイとして有名。査定依頼をするうえで「外観の状態」は重要とされていますが、スーパーカブ110は小さなキズであれば査定に響かないため、安心して依頼できます。スーパーカブ110は買っても売っても満足できるオートバイです。

PCX

  • 査定・買取相場価格:52,292〜234,502円
  • 査定・買取の評価ポイント:基本的要素である高年式と低走行が特に重視されるバイクです。初期型(JF28型)では使い古された車両が増えてきているため、買取価格に差が出てきています。JF56型は中古車流通量がまだ少ないため、高価買取となるケースが多いようです。また、150cc(KF系)モデルの需要も高く、業者によっては高価買取となる可能性もあります。PCXはカスタム車も一定の需要がありますが、業者によっては評価されないケースがあるようです。そのため、PCXは専門店に買取依頼することで、価格に差がつくかもしれません。

スペイシー100

  • 査定・買取相場価格:21,878〜54,728円
  • 査定・買取の評価ポイント:リード100の生産中止後の後継として2003年に発売され、低燃費エンジンをはじめエコな特徴が注目されたバイクです。高価買取査定のポイントは、走行距離や年式が挙げられます。スペイシー100は利便性の高いバイクであるため、純正リアBOXやサイドスタンドなどの便利な装備は高評価に繋がる可能性が高め。また、カスタムされている車両は希少となっており、特にバーハンドル化されたバイクは高評価となる場合があります。

リード110

  • 査定・買取相場価格:31,294〜98,591円
  • 査定・買取の評価ポイント:海外で製造されていたSCR110を日本国内仕様に変えて発売された、リードシリーズの4代目にあたるオートバイ。リード110は走行距離や車両年式によって価格が変動しやすいのが特徴です。2015年に生産終了となりましたが、最終型付近の2013~2015年モデルは数が少なく、高額で買取られる傾向にあります。走行距離が多い場合は、メンテナンスの記録がしっかりと残っているかが高く売れるポイントです。

リード125

  • 査定・買取相場価格:77,972〜175,419円
  • 査定・買取の評価ポイント:リード125は低走行車・高年式であることが高額買取のポイントになります。また、リード125はアイドリングストップがついて燃費が良いことや機能性、スペックが高いスクーターであるため、状態は良くなくても、性能が買取価格を底上げしてくれることも。一括査定をすると、複数の買取業者がそれぞれの視点で金額を提示してくれるため、複数ある査定結果の中から自分にピッタリの条件で売ることができます。

Dio 110

  • 査定・買取相場価格:50,263〜102,622円
  • 査定・買取の評価ポイント:Dio110は前モデルよりも燃費が向上しているので、買取価格が高いのが特徴です。また、2011年度のグッドデザイン賞を受賞したオートバイで、高額で買取られる傾向にあります。高価買取のポイントは、基本である高年式や低走行であることが挙げられます。Dio110はしばらく動かしていない状態でも買取先が見つかる可能性が高め。エンジンがかからなくても、バッテリーを交換するだけでまた走る場合がほとんどなので、査定依頼しても問題はありません。

GROM(グロム)

  • 査定・買取相場価格:149,681〜229,450円
  • 査定・買取の評価ポイント: 2013年式は買取相場が下がる傾向にありますが、グロムのカスタムが流行しているため、ほどよいカスタムは高価買取になるでしょう。グロムの2016年式の車体は、角を帯びたデザインで縦2灯のLEDヘッドライトが使用されているため、前年モデルよりも高く買取される傾向に。ただし、今後は新しいモデルが発表される予定があるため、GROM(グロム)の存在感が薄れてしまう可能性があります。

エイプ100

  • 査定・買取相場価格:78,846〜146,454円
  • 査定・買取の評価ポイント:エイプ100は「高年式」「低走行」が高価買取のポイントとして挙げられます。生産台数が多いため、状態の良いエイプ100を購入したいと思う人がたくさんいるからです。、2017年8月に生産終了となっているため、在庫がなくなればさらに今後は売却価格が上昇する可能性もあります。

JOKER90

  • 査定・買取相場価格:32,929〜47,071円
  • 査定・買取の評価ポイント:ホンダが製造していたスクーターの中でも、特にめずらしい「アメリカンスタイル」を取り入れたモデルです。根強いファンの多いバイクですが、走行距離が長くなっているものが多いのが現状。そのため、高価買取査定のポイントは低走行・車庫保管の車両などが挙げられます。また、2ストロークエンジンを搭載しているため、使われているオイルや部品装置のメンテナンス状況など、整備記録が買取価格を左右するでしょう。

CT110

  • 査定・買取相場価格:5,000〜657,909円
  • 査定・買取の評価ポイント:ホンダ CT110 買取のポイント:発売されて30年以上が経過しているバイクですが、未だに根強い人気があります。古い年式のものもありますが、整備がしっかりと行なわれているバイクは評価が高め。かなり実用的なバイクではありますが、雨天未走行や車庫保管など保存状態によっては高値での買取となることもあるようです。マニアから絶大な支持を集めているので、不動車や難ありでも専門的に扱っている買取業者から高値が提示される可能性もあります。

CD125T(ベンリィ)

  • 査定・買取相場価格:5,000〜620,445円
  • 査定・買取の評価ポイント:1966年に発売されたベンリィは、かなり古い車種のため部品がありません。今乗り続けられているだけでも衝撃のバイクです。CD125T(ベンリィ)の高価買取のポイントは走行距離です。レトロなバイクは買取業者が高額買取することは難しいですが、処分が目的であれば買取先に困ることはないでしょう。古いバイクは買取業者が売るときに保証をつけることが厳しいため、部品として解体して必要な人にパーツを供給することが考えられます。

CBX125F

  • 査定・買取相場価格:10,000〜22,000円
  • 査定・買取の評価ポイント:CBX125シリーズの中の1台であるCBX125Fは、ヨーロピアンスタイルを強調したバイクです。125ccの中では豪華な構成となっているため、人気のある車両となっています。高価買取査定ポイントは、傷が少なくキレイな状態で、前期のハイパワーな車両であること。CBX125Fは買取っても修理が必要な状態が多いため、実働で低走行・屋内保管のバイクは評価が高いです。そのほか、1996年付近の最終型も高値で買取られる傾向があります。

126cc〜250cc以下

フュージョン

  • 査定・買取相場価格:5,000~37,823円
  • 査定・買取の評価ポイント:ホンダフュージョンは限定車・最終型車両が高価買取のポイントになります。ロングのモデルライフの中で多くの限定車が存在していますが、後期型のイモビライザー搭載の車両も高評価の対象に。最終型になる頃には、純正のマルチリフレクターライトが採用され、その後はアニバーサリーモデルも販売。中古車も多く出回っていますが、業者によって買取価格が大きく異なってくるので、何件か査定してもらうことをおすすめします。

フュージョン Type X

  • 査定・買取相場価格:17,986~60,903円
  • 査定・買取の評価ポイント:ビックスクーターの中でも人気のあるホンダフュージュンType X。1人乗りというよりも、タンデム(2人乗り)を楽しむ工夫がされており査定も高め。ただ、フュージョン Type Xが販売された2003年ごろは各メーカーから多くのビックスクーターが生産されていた時期でもあるので、査定する人によっては詳細にモデルを把握していないこともあります。そのため低い値をつけられてしまうことも。査定の際は、上位グレードであることをしっかりと伝えましょう。

ホーネット250

  • 査定・買取相場価格:55,285~239,324円
  • 査定・買取の評価ポイント:ホーネット250は最終型付近の年式モデルや限定車、低走行車両が評価のポイントになります。特にツートンカラーを採用したDX(デラックス)は人気があり、年数が経った今でも高値で買取られるほど。250ccで高回転4気筒エンジンを採用されている車種なだけに、走行距離・オイル交換などのメンテナンス記録は高値買取のために重要。また、タンクの凹みがない車両はどのバイク買取業者でも高評価の傾向にあるようです。

VTR250

  • 査定・買取相場価格:124,189~302,092円
  • 査定・買取の評価ポイント:初心者から上級者まで、あらゆるライダーに愛されるVTR250。エンジンは基本的に頑丈なため、フロントフォークやオイルシール、キャリパーなどほかの車両各部のメンテナンス状況が高値買取で重要なポイントになります。確実にメンテナンスが行なわれていて良好な状態であれば、底堅い価格で買取ってくれるでしょう。

フォルツァ

  • 査定・買取相場価格:21,007~158,919円
  • 査定・買取の評価ポイント:ホンダ製のビックスクーターとして、ヤマダのマジェスティに対抗すべく誕生しました。ABSモデルや高級仕様の「Z」が人気で、高値買取のポイントになります。また、MF10型は中古車の級数が少ないため、バイク買取業者から高評価を得られることも。カスタム車両も多いため、業者によっては評価に差が出る場合もあります。

フォルツァX

  • 査定・買取相場価格:23,565~172,635円
  • 査定・買取の評価ポイント:ファルツァXを高値で買取ってもらうなら、年式・グレード・走行距離がポイントになります。ファルツァシリーズの1つで、2004年のモデルチェンジで誕生。タンデムの快適さを向上させるために作られた1台です。スマートカードキーシステムが採用されており、鍵の差し入れ不要なのがうれしいところ。街乗りにも向いています。転倒無しでワンオーナー、高年式である場合は驚くほどの高値で買取してくれることもあるバイクです。

V-ツインマグナ

  • 査定・買取相場価格:11,418~130,900円
  • 査定・買取の評価ポイント:ホンダV-ツインマグナムは、マグナムシリーズとしては手頃な250ccのため、多くの人に長年にわたって愛されている一品です。しかし、2007年に生産終了となってしまいました。そのため、2004年モデル・2006年モデル・最終モデルは非常に球数が少なく、高値買取のポイントになります。年式だけでなく、走行距離もチェックされるので、人気モデル・低走行なほど高く買取してくれることでしょう。

CBR250R

  • 査定・買取相場価格:109,700~259,579円
  • 査定・買取の評価ポイント:CER250Rは高回転ユニットを搭載しており、ハイパワーなエンジンで人気。中古市場でも根強い人気がある車両です。しかし、ハイパワーエンジンのためか劣化している車両も多いため、メンテナンス状況も買取査定に反映されます。2014年以降のデュアルヘッドライトモデルは球数が少なくて中古車でも人気。特に、フルカウル車両といった、スポーツタイプのバイクを扱う買取業者は高値をつけてくれるところも多いようです。

CBR250RR

  • 査定・買取相場価格:62,611~210,103円
  • 査定・買取の評価ポイント:ノーマル状態で良好な状態を維持しているCBR250RRなら、買取評価が高くなる傾向にあります。改造されている車両でも、使用によってはレーザーレプリカ車両を扱う専門販売店が高値買取してくれる場合も。フルカウル車両のため、外装も買取の大きなポイントになります。希少な250cc・4気筒エンジンを搭載している車両のため、価値の分かる買取業者なら、通常よりも高値の価格を提示してくれるかもしれません。

GB250クラブマン

  • 査定・買取相場価格:25,564~95,650円
  • 査定・買取の評価ポイント:生産終了して長い年月が経過した絶版車であるホンダGB250クラブマン。高値買取のポイントは、外装に目立った傷や劣化によるサビがないことです。また、定期的にメンテナンスされていることも重要なポイント。カスタムされている車両や走行距離を長くは知っている車両が多いため、フルノーマルの車両ならより高値で買取ってもらえる可能性があります。

PCX150

  • 査定・買取相場価格:118,296~207,252円
  • 査定・買取の評価ポイント:あまり人気がないのか、まったく乗らない状態で販売されることも多いPCX150。前期型と後期型があり、高く買取ってもらえるのは後期型です。ハザードランプがついていて、タンクの容量が8リットルに増加した点など前期よりも便利になっているのが特徴。もし、後期のPCX150を買取ってもらう場合は、後期であることを伝えましょう。買取業者の中には、前期・後期を考慮せずに買取るところも多いからです。

FTR

  • 査定・買取相場価格:36,413~80,587円
  • 査定・買取の評価ポイント:FTRは中古市場でもっとも人気があり、安定した価格相場で売り買いされています。高年式・低走行・外装のキレイさが高価買取のポイントです。特にトリコロールカラーが人気で、多少の傷や不動車であっても高価がつくでしょう。通勤・通学に利用する人も多いので、就職や入学シーズンに買取へ出すのもおすすめ。女性にも人気があるバイクです。

FTR223

  • 査定・買取相場価格:5,697〜126,912円
  • 査定・買取の評価ポイント:FTR223の高価買取のポイントは「車体の綺麗さ」「低走行」の2点です。新車価格としては安い分類で、まだまだ中古品も残っていることから買取もそこまで高くはりません。少しでも高く売りたいと思うのなら、新品に近い状態が望ましいといえるでしょう。また、カスタムすることを前提に製造されたバイクなので、カスタムをしているからといって買取価格が下がることがないのも特徴です。

XR250

  • 査定・買取相場価格:97,681〜238,473円
  • 査定・買取の評価ポイント:XR250を高額で引き取ってもらう場合、装備品やメンテナンス状況が査定に大きく響きます。なかでも倒立フォーク化以降のモデルやスーパーモタードを意識したMotard(モタード)が多くの人から注目を集めているのが現状です。必然的に高額になる傾向があるので、車庫保管で大切に保管している方、メンテナンスが行き届いているXR250を持っている方は高額買取が期待できるでしょう。

PS250

  • 査定・買取相場価格:115,557〜348,243円
  • 査定・買取の評価ポイント:アドベンチャーなPS250が高額買取されるためには、シートの破れや錆がないかが重要なポイントになります。PS250はどちらかというとレジャー向けのバイクなので、メンテナンス状況よりもパッと見たときの清潔感や状態の良さが評価のメイン。実際に買取査定してもらう前に一度見直して、落とせるサビがあるときは取っておくと良いかもしれません。

ホーネットDX

  • 査定・買取相場価格:241,971〜435,172円
  • 査定・買取の評価ポイント:ホンダ ホーネットDXは年式や外装の状態が高価買取のポイントです。数種類ある年式の中でも最終年式かつ転倒歴無し、低走行のホンダ ホーネットDXなら、高額になる傾向があります。255ccのホーネットの中でも、DXは安定した買取価格を維持しているのも特徴です。

CB223S

  • 査定・買取相場価格:105,917〜217,142円
  • 査定・買取の評価ポイント:シンプルな設計が特徴のホンダ CB223S。査定には、走行距離・整備記録・管理状況・転倒歴などが影響してきます。外装を覆っているカウル類が少なく、バイク本体に保管状況が出やすいのでキレイに保管している方は高価買取を目的にバイク買取業者に買取ってもらうのも1つの手ではないでしょうか。

JADE

  • 査定・買取相場価格:46,164〜106,169円
  • 査定・買取の評価ポイント:JADEの高価買取の基準として、年式や走行距離の2点が大きく影響します。特に1996年の最終型のモデルは売られた台数も少ないため、想像をはるかに超える買取額になるケースも。カスタムされたJADEに関しては、買取業者によって提示される価格の差が大きいのも特徴です。そのため複数の買取業者に相談して、一番高額査定を出した買取業者に引き取ってもらうのがおすすめです。

NSR250R

  • 査定・買取相場価格:87,665〜219,835円
  • 査定・買取の評価ポイント:NSR250Rの高価買取査定の重要なポイントは、使用状況と年式の2点が挙げられます。低走行かつ高年式のNSR250Rは特に買取価格が高く、業者によっては新車価格を上回るケースもあるようです。ほかにもワンオーナーや車庫保管のNSR250R、MC21以降のモデルだと高価買取が期待できます。特別仕様のSE・SP仕様も買取価格が上昇傾向にあるので、下落しないうちに買取ってもらうのがベストな方法かもしれません。

CRM250R

  • 査定・買取相場価格:49,364〜150,636円
  • 査定・買取の評価ポイント:ホンダから販売されているCRM250Rは、メンテナンスの維持が大きく影響してきます。2ストローク車両は特にメンテナンスが難しいとされているのが特徴です。バイク買取業者からもコンディションが良いものが好評なので、必然的に高評価に繋がるでしょう。また、メンテナンスだけではなく、使用オイルの銘柄等をしっかりとしていたらさらにプラスされるでしょう。

CRF250L

  • 査定・買取相場価格:224,713〜322,761円
  • 査定・買取の評価ポイント:Honda CRF250Lを高価買取してもらうためには、走行距離が重要になってきます。負担のかからない過激な走行をしていない車両はより高価買取される傾向に。さらに最近では、CRF250Lはオフロード特有の高い視点からライディングを楽しむ特徴があります。そのため、オフロード車にもファッション性が求められているので、走行距離はもちろんですが外装などの状態も重要なポイントになっているのです。

FAZE(フェイズ)

  • 査定・買取相場価格:131,099〜261,501円
  • 査定・買取の評価ポイント:2009年に販売されたスポーツタイプのビックスクーター「FAZE(フェイズ)」。高価買取のポイントとしては、走るイメージが大きいため転倒歴の有無や走行距離が関係します。転倒回数を把握しているだけでも、通常より高く買取ってもらえる可能もあるので、買取してもらうときには正確な数字を伝えるようにしましょう。また、TypeSやABS装着グレードは特に少ない特徴があるので、メンテナンス状態が良い車両の場合も高価買取となります。

フォーサイト

  • 査定・買取相場価格:5,000〜166,292円
  • 査定・買取の評価ポイント:ライバル車より快適性や経済性を重視したモデルのフォーサイトは、高年式・記録簿がしっかりとした車両が高価買取のポイントとなります。合わせて快適装備がすべてそろっている車両も高価買取となるケースがあるので、心あたりのある方は検討してみてもいいかもしれません。

ゼルビス

  • 査定・買取相場価格:12,404〜70,762円
  • 査定・買取の評価ポイント:ゼルビスは1991年にホンダ社からラインナップする「VTシリーズ」の1台です。当時の販売台数が少ないため、必然的に中古品が少ないのが現状。それに伴って人気を集めています。また、初代VT250から現在のVTRまで続く信頼性の高いエンジンですが劣化してしまっているケースが多いのが現状。そのためメンテナンスが隅々まで行なわれている車両だと高評価がもらえて、高価買取に繋がるでしょう。

251cc〜400cc以下

シャドウ400

  • 査定・買取相場価格:63,114〜217,007円
  • 査定・買取の評価ポイント:女性にも人気のあるフォルムで、乗りやすいと評判の「シャドウ400」。高価買取査定されるポイントは、大型と同じサイズの400ccアメリカンであることです。シャドウ400はとても大きなバイクで、見た目の魅了される人は少なくありません。今後はゆっくりと安全に乗れるバイクが主流になっていく傾向にあるため、シャドウ400のようなコストがかかるアメリカンタイプは生産台数が減少する可能性があります。そうなると大柄で燃費の良い400ccアメリカンタイプのシャドウ400の価値は高まるでしょう。

CB400SF Revo

  • 査定・買取相場価格:5,000〜1,153,003円
  • 査定・買取の評価ポイント:高価買取査定ポイントとして、転倒歴無し・雨天未走行などが挙げられます。CB400SF Revoは中古車買取となると「使用状況」が重要視されるでしょう。買取相場は常に高値で推移しているため、整備記録簿はアピールポイントとなります。カラーは、白×赤の定番カラーが人気。そのほか、黒×赤に代表される「スペシャルエディション」の限定バイクも高価買取の期待が持てます。

CB400SUPER FOUR

  • 査定・買取相場価格:30,970〜252,006円
  • 査定・買取の評価ポイント:1992年に発売されたCB400SUPER FOURは、ロングセラーモデルで、教習車に使われているバイクです。今後さらに需要が高まる傾向にあり、どのタイミングで売っても高く売れます。より高い価格での売却を狙う人は、新型が出る前に行ないましょう。

CB400 スーパーボルドール

  • 査定・買取相場価格:211,075〜459,520円
  • 査定・買取の評価ポイント:人気のロングセラーモデルであるCB400 スーパーボルドールは、耐久力や性能が高く万能なバイクであるため、高価格で売却できるバイクです。どの世代にも人気があるため、買取業者にとっては安心して買取できるバイクです。どのタイミングで売っても高値で買取してもらえます。

CB400SS

  • 査定・買取相場価格:59,257〜188,359円
  • 査定・買取の評価ポイント:ホンダ CB400SSはフルノーマル、低走行、年式が高価買取査定ポイント。最終型は製造台数が少ないため、走行距離が少ない車両は評価があるでしょう。2007年に発売された限定モデルのスペシャルエディションは中古で販売されている台数が少ないので、需要は高いでしょう。

CB400FOUR

  • 査定・買取相場価格:167,200〜421,467円
  • 査定・買取の評価ポイント:CB400FOURは昭和の名車として、バイカーにとって憧れの的。旧車としてプレミアムな価格へ到達しつつあります。初代モデルは車庫保管やオリジナル物が希少となっているため、高値で売れます。復刻版のNC36型も生産台数が少ないため、状態が良ければは高価で売れる可能性は高め。CB400FOURは今後も新車でこのようなタイプのバイクが発売されないので、バイク買取業者は高値に買ってくれる傾向にあります。

CB400SF バージョンS

  • 査定・買取相場価格:46,205〜189,545円
  • 査定・買取の評価ポイント:1996年にバージョンRからカウルを外した状態のマイナーチェンジとして発売された「CB400SF バージョンS」。高価買取をしてもらうためには「状態の良さ」がポイントになります。状態が良ければ査定額が上がる可能性は高いでしょう。また、CB400SF バージョンSは在庫が減ってきているため、状態が悪くても部品を求めている買取業者が高値で買ってくれます。

CB400X

  • 査定・買取相場価格:222,014〜386,986円
  • 査定・買取の評価ポイント:2013年に発売された「アドベンチャータイプ」のバイク。400xからの乗り換えや、3年落ちを待っているライダーの需要が高いため、査定額は上がる傾向にあります。400xは販売されたまだ日が浅く台数もオーナーも少ないため、気にする必要はありません。実際に、20000km以上のバイクでも35万円の売却額がついています。

CBR400RR

  • 査定・買取相場価格:106,778~206,555円
  • 査定・買取の評価ポイント:CBR400RRは1988年発売のバイクです。直列4気筒のカムギアトレーンを搭載。乾燥重量162kgという軽い車体に出力が59psの恐ろしく速いバイクとして有名です。発売されたのが20年以上前と、古いので外装のキレイさが高値買取のポイントになります。走行距離も短い方が好ましいですが、あまりないでしょう。

CBX400F

  • 査定・買取相場価格:750,000円
  • 査定・買取の評価ポイント:1981年に販売され、当時の新車価格よりも2倍高いプレミアム価格がついたバイクです。走行距離に関係なくノーマルの状態で買取してもらうのがベスト。とある買取業者の査定では、90万円の実績が出たこともあります。自分でカスタムしたい人が多いバイクのため、ノーマルが好まれる傾向に。ノーマルに戻すのが難しい場合でも、買取業者によっては純正パーツを保有しているところもあるので、高く買取ってもらえる可能性があります。

スティード400

  • 査定・買取相場価格:24,381~61,819円
  • 査定・買取の評価ポイント:本格アメリカンとして1988年に発売されたホンダスティード400。2001年までの13年間、8万台を販売した大人気のモデルで中古が飽和状態のため、買取価格は低めです。しかし、2017年の排ガス規制により、旧車のカスタムが再注目してきています。旧式車でカスタムされたバイクなら、状態に限らず一度査定してもらうとよいでしょう。思ったよりも高値で買取してくれる場合もあります。

シャドウスラッシャー400

  • 査定・買取相場価格:52,521~131,879円
  • 査定・買取の評価ポイント:ホンダシャドウスラッシャー400は、走行距離、年式、メッキパーツのメンテナンス状況が高値買取のポイントになります。管理状態によって高値・低値の差があるバイクです。純正でもカスタム車のようなスタイリングですが、迫力を出すための社外パーツ装着車両も人気。カスタム内容やパーツメーカーなど、買取時に細かく伝えましょう。

VFR400R

  • 査定・買取相場価格:77,122~177,678円
  • 査定・買取の評価ポイント:VFR400RはV型4気筒エンジンを搭載した、レプリカタイプのオートバイ。59馬力を発揮するマシンで、パワーはもちろんV型4気筒エンジンのサウンドはバイク好きにとってたまらなく心地よいでしょう。高額買取をしてもらうには、年式や走行距離が重要。また、1994年生産の最終型付近では、同年式の他車両と比べて予想以上の高値で買取ってくれこともあります。また、屋外保管車両・転倒無しオリジナル外装の車両の場合も高値に。レーサーレプリカ時代の車両をおもに扱う買取業者なら高額査定になる可能性もあります。

RVF400(NC35)

  • 査定・買取相場価格:138,966~323,034円
  • 査定・買取の評価ポイント:RVF400(NC35)を買取ってもらう際に、一番のポイントになるのが走行距離。RVF400(NC35)は年々数も減ってきており、低走行車が少ないのが現状です。それでも3万キロ走っている車両でも、中古価格60万円を超えることも。RVF400(NC35)は、VFR400Rの後継車種。400ccで唯一V型4気筒を搭載しており、倒立フォームやカムギアトレーン、プロアーム、ダブルディスク、の豪華仕様です。今の時代に生産しようとした場合、軽く100万円を超えてしまうと言われています。

シルバーウィング400

  • 査定・買取相場価格:99,600~182,400円
  • 査定・買取の評価ポイント:2001年に販売されたシルバーウィング400。中古市場でも在庫が多い状態なので、高く買取してもらうには「低走行」「高年式」がポイントになってきます。また、スペックが良くカスタムベース車であるため、状態が良く人気のカスタムがされていれば査定額がアップすることも。2016年に生産終了になった車両なので、これから台数が減ってくれば買取価格が上がる可能性も出てきます。しかし、新型モデルが出た場合、売れなくなる場合も。売る・売らないで迷っているなら、一度査定に出してみると良いでしょう。

CL400

  • 査定・買取相場価格:34,870~130,130円
  • 査定・買取の評価ポイント:CL400は全体的な状態の良さが査定に関わります。経年劣化・サビ・ブレーキ周りのゴムの劣化などをチェックする業者が多いようです。頑丈な短期筒エンジンを搭載しているCL400ですが、走行距離が少ない方がポイントも上がるでしょう。現在は高機能なバイクが多く販売されていますが、CL400は4気筒では味わうことのできない、低速トルクが魅力のバイク。「気兼ねなく肩肘はらずに乗れる」バイクのため、今後もしかすると需要が高まるかもしれません。そうなると査定にも影響が出てくる可能性もあります。

401cc〜750cc以下

CB750

  • 査定・買取相場価格:139,419~438,581円
  • 査定・買取の評価ポイント:年式と車両状態で査定額が大きく変化するCB750。特に1992年から長い間販売されていたRC42型の場合、年式が新しいほど高値で買取ってもらうケースも少なくありません。また、2008年の生産終了間際に製造された車両の数は少なくいため、査定してもらうと高い額がつくでしょう。

CB750F

  • 査定・買取相場価格:106,723~312,368円
  • 査定・買取の評価ポイント: CB750Fは1970~1980年代に販売されていた古いバイクのため、旧車人気で買取価格が上がっている傾向にあります。CB750Fの高価買取のポイントは、オリジナル外装や車庫保管されているかです。さらに、ほとんどの車両は走行距離が長く状態が悪いため、状態の良い車両は希少価値があります。走行距離が長い車両の場合でもオーバーホール済みであったり、レストアが行き届いていたりする車両の場合は、高く評価してもらえるでしょう。

CBR600RR

  • 査定・買取相場価格:330,436~637,082円
  • 査定・買取の評価ポイント:CBR600RRの高価買取のポイントは、逆輸入車であること純正フルパワー車両であることです。特にバイクを丁寧にメンテナンスしてキレイな状態の場合だと高値で評価されます。スポーツタイプのバイクということで過激な走りをするオーナーが多いため、状態の良い車両が少なくて価値があるのです。また、PC37後期以降から現行モデルは人気があるので、高く買取ってもらえますよ。

NC700X

  • 査定・買取相場価格:267,210~384,610円
  • 査定・買取の評価ポイント:オンロードだけではなく、オフロードにも適応できるNC700X。独特なフォルムが特徴的ですが、発売当時は大型車両にしては安い価格で購入できることから人気がありました。しかし、最近は少しずつ買取価格が下がっています。そのため、高値でNC700Xを手放したい方は早めに査定してもらうと良いでしょう。

シャドウ750

  • 査定・買取相場価格:173,865~345,335
  • 査定・買取の評価ポイント:車両の状態が買取価格のポイントなるシャドウ750。メッキの質感が重要視されている車種なので、メッキ部分の劣化でサビがあると評価が下がってしまいます。また、ローダウンカスタムで車体下部のフレームの削れ、立ちごけによる傷が査定額に影響することも。そのため、なるべくキレイな状態のシャドウ750を査定してもらえば比較的高く買取ってもらえますよ。

DN-01

  • 査定・買取相場価格:391,833~683,167円
  • 査定・買取の評価ポイント:DN-01を高値で買取ってもらうには、キレイな外観であることがポイントになります。DN-01のオーナーは紳士的な人が多く、バイクのメンテナンスが行き届いています。そのため、不十分なメンテナンスの車両だと評価が下がり、査定額に大きく影響するでしょう。

751cc以上

CB1300SUPER FOUR

  • 査定・買取相場価格: 195,782~434,055円
  • 査定・買取の評価ポイント:1998年の発売から人気が落ちることなく愛されているロングセラーモデル。エンジンの性能はもちろんですが、その耐久力や故障の少なさからバイクの状態が多少悪くても買取額が高い傾向にあります。しかし、2017年の排ガス規制の影響により絶版に。新しい規制に合わせて大きな規格変更があった場合、その影響は買取価格にも大きく影響する可能性があるため、早めの売却を検討してもよいでしょう。

CBR1000RR(SC57)

  • 査定・買取相場価格: 413,857~818,401円
  • 査定・買取の評価ポイント:CBR1000RR(SC57)は前期と後期に分けられ、後期のほうが高く売れる傾向にあります。故障が少ないバイクのため比較的高い査定がつきやすいです。また、外観をキレイに保てているのか、しっかりとメンテナンスはされているのかも重要な査定ポイントとなります。また、海外フルパワー仕様の人気が高く、純正のオリジナル外装であればさらに高価買取になることも。

CBR1000RR(SC59)

  • 査定・買取相場価格: 648,636~1,024,697円
  • 査定・買取の評価ポイント:CBR1000RR (SC59)の買取で一番のポイントとなるのは走行距離になります。走行距離があっても性能の高さと見た目の良さから、常に高い買取額でやり取りされていますが、過走行になると話は変わります。50,000km以上を超えると買取額が減少する傾向になるのです。売却を考えているなら、過走行になる前に手放す方が賢明な判断と言えるでしょう。

X4

  • 査定・買取相場価格: 5,000~894,856円
  • 査定・買取の評価ポイント:X4は発売当初ライバル車であるV-MAXに負けてしまったことから、在庫が少ないバイクです。しかし、特徴的な見た目と性能により、マニアの間では人気があります。車体の状態が買取時に重要視されますが、中古販売の比較的安い値段で定着しているため、買取価格もそれに伴い安定しています。そのため、需要や時期に左右されずに買取ってもらえるメリットがあります。

CB1100

  • 査定・買取相場価格: 404,178~578,572円
  • 査定・買取の評価ポイント:「ゆっくり走る」をコンセプトに発売されたCB1100。2010年・2011年の2年間ベストセラーになったバイクと言うこともあり、走行距離が短いことが高価買取の一つのポイントとなります。また、見た目がキレイであることも重要ですので、傷はもちろん少ない方がよいでしょう。

CBR954RR

  • 査定・買取相場価格: 326,390~406,943円
  • 査定・買取の評価ポイント:最終型の低年式車両の人気が高いCBR954RR。中古車の流通が少ないため、転倒した前歴がなく、純正の外装というだけでも査定額が高くなりやすいです。また、北米仕様のフルパワー仕様でオリジナルの状態を保っていれば、さらに高い評価を得られます。また、サーキットでの使用を目的としたレーサーからの需要があるため、高い水準での売却可能なバイクです。

CBR1100XX

  • 査定・買取相場価格: 155,000円
  • 査定・買取の評価ポイント:年式により性能が異なるCBR1100XX。そのため、買取側が得意とする年式によって高価買取の対象が異なります。低走行・転倒歴無しが高価買取査定の重要ポイントです。また、高年式のFI逆輸入・フルパワー車も人気がありますが、フィーリングが異なることからFI初期の逆輸入モデルやキャブ車を求める購入者もたくさんいます。年式が古いバイクは状態の良いものが少なくなるため、高価買取の対象となりやすいでしょう。

CB1300 スーパー ボルドール

  • 査定・買取相場価格: 397,358~713,235円
  • 査定・買取の評価ポイント:高価買取をもらうには、「ロングセラーモデル」であること。CB1300 スーパー ボルドールは白バイにも採用されているバイクで、長時間の走行でも疲れにくいのが特徴。ツーリング好きの人たちの間では、「長距離でも安心して走行できるバイクといったらCB1300 スーパー ボルドール」と言われるほどの高い人気。その需要を踏まえると、高額買取してもらえる可能性は高いと言えるでしょう。

VFR800

  • 査定・買取相場価格: 170,000~704,000円
  • 査定・買取の評価ポイント:ホンダ VFR800 買取のポイント:VFRシリーズはホンダにとって思い入れの深いバイク。VFR800は、「見た目の綺麗さ」が査定のメインです。へこみや傷、汚れが査定結果に大きく影響します。「売却するにはもったいない」と言われるほど貴重なバイクですが、今後も新型が出ることを考えると、高く売るためには早めに売却したほうがいいでしょう。

VFR1200F

  • 査定・買取相場価格: 550,000~740,000円
  • 査定・買取の評価ポイント:VFR1200Fはデザインが非常に優れているバイク。査定には「外装の状態」と「走行距離」が重要視されます。走行距離は50,000km以内であればOK。外装は仕方のない傷がマイナス査定されることはありません。もし、小さな傷が原因で買取額が下がるようなことがあれば、納得がいくまで交渉しましょう。

ワルキューレ

  • 査定・買取相場価格: 150,000~400,000円
  • 査定・買取の評価ポイント:ワルキューレは1996年に発売されたクルーザータイプで、買取価格は底堅く推移しているバイクです。年式や国内仕様、海外仕様などの違いが高価買取査定のポイントとして挙げられます。再販価値の高いバイクではありますが、高額買取を狙うのではあれば、各所のメンテナンスは欠かせません。

VTR1000F

  • 査定・買取相場価格: 106,240~183,260円
  • 査定・買取の評価ポイント:VTR1000Fは、ホンダ製Vツインエンジンが積まれたスポーツ仕様で、国内では「ファイアーストーム」の名称でも親しまれています。高価買取査定のポイントは、転倒歴や保管状況が挙げられます。転倒歴はラジエーターやフレームへのダメージとなるため、評価は低めですが、転倒歴無しでワンオーナーのバイクは高価買取される可能性があります。そのほか、中古販売されている台数が後期モデルのバイクも、高価買取が期待できますよ。

VTR1000SP-2

  • 査定・買取相場価格: 750,000円
  • 査定・買取の評価ポイント:VTR1000SP2は、VTR1000SP1からモデルチェンジしたバイクで、「低走行」が高価買取のポイントとなります。VTR1000SP-2は希少車であるため、故障や傷があっても買取額に影響が出ることはありません。希少車はと状態が悪くても欲しがる人がたくさんいるからです。金額重視で売るのであれば最大6社に一括査定してもらうと、高く売れる可能性が高まります。