大切なバイクを高く売却するためのお役立ちNavi

大切なバイクを高く売却するためのお役立ちNavi

知っておいて損はない!おすすめのバイク売却先ランキング

バイク売却するならおすすめの買取業者BEST3
バイクランド
買取価格
★★★★★
担当者の
対応
★★★★★★
バイクワン
買取価格
★★★★★★
担当者の
対応
★★★★★★
バイク王
買取価格
★★★★★
担当者の
対応
★★★★★
HOME » メーカー別 買取人気バイクはコレだ! » KAWASAKI

KAWASAKI

KAWASAKI(カワサキ)の買取で人気のある車種をご紹介します。売却の参考にどうぞ。

「KAWASAKI(カワサキ)」バイクの高価買取車種

●ZEPHYR1100

  • 発売後に大きなモデルチェンジがなく、絶版された今も人気が高めです。
  • 相場買取価格:670,000円(RS)~1,700,000円(ファイナルエディション)

●ZEPHYR750

  • 1100と同じく、絶版された今も人気が続いています。ノーマルでもカスタムでも高価買取になります。
  • 相場買取価格:1,000,000円(ファイナルエディション)

●ZZ-R1400/ZX-14R

  • 史上最強のフラッグシップ。距離を走っていて当然のツアラーということもあり、30000km以上の走行距離があったとしても60万円以上の高査定がつくこともあります。
  • 相場買取価格:452,000円~730,000円

●GPZ900R

  • 名車と言われている車種で生産中止後の今も人気があります。
  • 相場買取価格:750,000円(ファイナルエディション)

●W650

  • 絶版された今も人気が続く、レトロな外観がカッコいい車種です。
  • 相場買取価格:540,000円(H20)

●ZRX-Ⅱ

  • ZRXやZEPHYR400KAIと同様に絶版されていますが、人気は今も続いています。
  • 相場買取価格:600,000円(H20)

●ZZ-R1100

  • 世界最速を守り続けた名車です。
  • 相場買取価格:520,000円(D型、H13~)

●ZRX400

  • ZRX-ⅡやZEPHYR400KAIと同様に絶版されていますが、人気は今も続いています。
  • 相場買取価格:600,000円(H19~)

●ZEPHYR400KAI

  • 絶版されていますが、人気が落ちていません。
  • 相場買取価格:780,000円(H19~)

●NINJA250R

  • 250ccのフルカウルは中古市場でも大人気です。他メーカーからライバル車が発売されてきているので、売るなら今です。
  • 相場買取価格:390,000円

●BALIUS-Ⅱ

  • 流通台数は多いものの、かっこ良く乗りやすいと人気のある車種です。
  • 相場買取価格:410,000円(H17~)

「KAWASAKI(カワサキ)」バイクの査定・買取額相場

バイク好きなら憧れてやまない、数々の名車がそろうKAWASAKI。中古市場でも非常に存在感のあるメーカーで、希少なレア車ともなると驚くほどの高値で査定されることも珍しくないでしょう。ここでは排気量別に車種の買取価格や評価ポイントについてまとめました。

125cc以下

KSR-1

  • 査定・買取相場価格:70,000円
  • 査定・買取の評価ポイント:オフロードタイプのKSR-1は、2ストロークのエンジンを積んでいます。小さくて軽いボディとパワーが特徴のバイクなので、125ccでも軽快なライディングを楽しめるでしょう。KSR-1の買取価格は他の125ccバイクと比べると低い水準ですが、長い間ブレることのない価格をキープしています。年式が古くても人気があり、状態の良い車両は非常に価値が高くなることも。さらに、各部品のメンテナンス状況やオーバーホール・パーツ交換歴が記録されている車両だと、高く評価されやすいです。

KSR110

  • 査定・買取相場価格:46,410~146,715円円
  • 査定・買取の評価ポイント:ヤマハのオフロードバイクに対抗して製造され始めたKSR110。自動遠心クラッチが搭載された車種も発売され、AT限定免許の方でも気軽に乗れます。国内正規販売は終了してしまいましたが、カスタムバイクとして今でも人気です。査定・買取のポイントは年式や保管状態によりますが、ノーマル車であること。カスタムされていることが多いため、純正パーツをとりつけたノーマル車は高く評価されます。自動遠心クラッチを手動式クラッチへとカスタムされたものは人気があるので、高額査定へとつながるでしょう。

Dトラッカー125

  • 査定・買取相場価格:115,000~206,000円
  • 査定・買取の評価ポイント:Dトラッカー125はスタイリッシュなデザインで気軽に乗りやすい軽量型のバイクです。デジタル表示のスピードメーターやタコメーターなど、男心がくすぐられる仕様。重さは100kg強と同クラスのバイクの中では軽いほうなので、取り回しが楽で駐輪場の狭い場所でも気軽に乗って行けるでしょう。そんなDトラッカーの評価ポイントは走行距離です。現在も販売しているため、なるべく新車の状態に近ければ近いほど高く評価されます。走行距離が2万キロ以内であれば10万円以上で売却できる可能性が高いです。

KDX125SR

  • 査定・買取相場価格:40,510~133,490円
  • 査定・買取の評価ポイント:1991年に登場したKDX125SR。高回転でパワフルな2ストロークエンジンを搭載しているバイクです。車体が軽くパワフルなエンジンによる加速で簡単にウィリーもでき、ライディングを楽しめるため高い需要があります。KDX125SRを高く売却するためには、メンテナンスが行き届いていることが大事です。古い年式の車両で中古車として出回っていないので、オーバーホールやフロントフォーク・フレームの錆びを予防して良い状態のまま保管していると、査定・買取額に大きく影響します。

126cc~250cc以下

Ninja250R

  • 査定・買取相場価格:115,217~252,179円
  • 査定・買取の評価ポイント:Ninja250Rは今でもとても人気があるレーサーレプリカモデルのバイクです。発売された当初は、250ccバイクに2気筒エンジンを搭載したことで有名でした。高価買取のポイントは転倒歴がなく、高年式のモデルであることです。Ninja250Rは2008年に販売され、複数回モデルチェンジが行われてました。そのため、高年式モデルが高く評価されます。特にスペシャルエディションは人気があるので、高値で買い取ってもらえるでしょう。カスタムをせずに純正パーツのままだと、より高値が付きます。

Ninja250

  • 査定・買取相場価格:231,300~399,242円
  • 査定・買取の評価ポイント:Ninja250はレース仕様なスタイルで爆発的に人気ができました。一見するとNinja250Rと同じようなデザインに見えますが、Ninja250のほうが大きな車体をしており、中古でも人気があります。リアタイヤのサイズはワンサイズアップで、シートが10mm高くなっているのが特長です。高年式かつ低走行の車両であれば、より高く買取ってもらうことが可能。Ninja250に乗りたいという人が多いため、比較的高値がつきやすいです。ただし、ヤマハから発売しているレーサーレプリカタイプのYZF-R25の人気が出始めているため、Ninja250の買取価格が下がるおそれもあります。

250TR

  • 査定・買取相場価格:5,000~1,690,227円
  • 査定・買取の評価ポイント:250TRはヤマハのTWシリーズと同じ系統で、人気があります。クセがなく取り回しが楽なため、初心者でも気軽に乗りやすいバイクです。高値で買い取ってもらうためには、高年式かつ低走行である必要があります。特にスポークホイールは状態の良し悪しが現れるポイント。サビや汚れなどが目立ってしまうと査定・買取価格に影響するため、他車種以上にメンテナンスが必要です。通常、カスタム車は高値で買い取ってもらいにくいのですが、250TRのカフェレーサーカスタムは専門のショップで高く買取ってもらえることがあります。

バリオスⅡ

  • 査定・買取相場価格:58,727~218,849円
  • 査定・買取の評価ポイント:バリオスⅡは250ccで、4気筒のネイキッドタイプのバイクです。バリオスⅠに比べると、馬力が45から40になり、最高回転数が19,000から17,000回転へパワーダウンしています。しかしスロットルポジションセンサーを搭載することで、レスポンスが向上。さらに、リアのサスペンションが2本になっているため、リア周りの見た目がカッコよくなっています。状態が良いバリオスⅡは、高値で買い取ってもらいやすいです。低走行・高年式も高価買取で重視されるポイントの一つ。査定してもらう時はエンジンやチェーン周りの汚れを落とし、ハンドルやミラーはピカピカになるまで手入れしましょう。

バリオス

  • 査定・買取相場価格:5,000~268,547円
  • 査定・買取の評価ポイント:後発のバリオスⅡよりも馬力数や回転数が大きく、パワーが強いバイクです。現在は250ccの4気筒バイクのほとんどが絶版となっているため、4気筒のバリオスは大人気。高回転のエンジンを搭載しているため、加速感を楽しめるバイクとしてマニアからも支持されています。バリオスが発売されていた年式のバイクを好んでいる方は多く、ノーマル車であることはもちろんですが、カスタム車両でもフロントフォークや外装、低走行などであれば高値で買い取ってもらえるでしょう。

エストレヤ

  • 査定・買取相場価格:34,490~279,110円
  • 査定・買取の評価ポイント:1992年から2017年の長い間販売されていたエストレア。ロングセラーモデルで、年式によって仕様が異なっています。いくつものマイナーチェンジが行われているので、査定してもらう際はしっかりとした知識を持つ査定スタッフに見てもらいましょう。2017年の排ガス規制によって生産終了となったため、旧車として注目され、買取価格が上昇しているそうです。特に、古い年代に作られたエストレアは人気があります。

Dトラッカー

  • 査定・買取相場価格:92,677~206,477円
  • 査定・買取の評価ポイント:軽量でスリムな車体が特徴のDトラッカー。見た目はオフロードっぽいのですが、オンロード仕様のバイクとなっており、若年層から高い人気があります。査定額は外装に目立つ傷やサビがなければ高く評価されます。走行距離が多い車両やカスタムされている車両でも、状態が良ければマイナスとなる可能性は低いでしょう。中古車市場で人気が高いので、錆の多い車両や不動車でも買い取ってくれることがあります。

DトラッカーX

  • 査定・買取相場価格:147,806~256,594円
  • 査定・買取の評価ポイント:オフロードバイクのKLXをベースにしており、足つきが良くなっています。信号待ちの際でも楽な姿勢で止まることが可能です。DトラッカーXを査定する場合、外観と走行距離が重視されています。オフロードバイクがオンロードで走るように改良されているDトラッカーXは、見た目と状態の良さが大切です。さらに、マニア間で人気があり希少価値が高いため、走行距離が長くなっても高値で買い取ってもらえる可能性がります。

エリミネーター250V

  • 査定・買取相場価格:52,527~209,251円
  • 査定・買取の評価ポイント:エリミネーター250Vは、カワサキが販売していたアメリカンタイプのバイクです。知名度が低くあまり知られていないので、査定の際にしっかりと話しておくことが大切です。売却をする際には事前にバイクの状態を伝えておくことで、正しい査定額を提示してもらえるでしょう。

ZZR250

  • 査定・買取相場価格:7,000~75,000円
  • 査定・買取の評価ポイント:免許を取得したばかりの初心者ライダーに人気があるZZR250。17年間生産され続けたモデルで、一切モデルチェンジが行なわれていません。ZZR250を高値で売却するには、低走行かつカウルに傷がないことです。ZZR250はNinja250Rの登場で買取価格が安くなっています。早めの売却がポイントです。

Z250

  • 査定・買取相場価格:250,000~340,000円
  • 査定・買取の評価ポイント:Z250はNinja250をベースにしたエンジンを搭載しており、少ない排気量でも十分にライディングを楽しめるバイクです。査定・買取価格が下がりにくく、10,000kmを超えても高査定にて買い取ってもらえるケースも。ただし、スズキから「ジクサー」というZ250に似たバイクが発表されたため、Z250の人気が奪われる可能性も考えられます。買取価格の下落も考えられるので、適切なタイミングを見計らって売却しましょう。

KLX250

  • 査定・買取相場価格:58,000~265,000円
  • 査定・買取の評価ポイント:KLX250は2ストロークである「KDXシリーズ」の基本設計を受け継いで、4ストロークのエンジンを搭載。2ストロークエンジンに立ち向かえるほどパワフルで、今でも人気があるモデルです。査定の際は年式や車両状態が大事となります。高年式かつ傷がない車体だと高値で取引される可能性が高いです。

スーパーシェルパ

  • 査定・買取相場価格:58,000~175,000円
  • 査定・買取の評価ポイント:4気筒エンジンを搭載したスーパーシェルパ。ストリートタイプで、ゆったりとした走りが得意のバイクです。スーパーシェルパの査定では年式や車両状態、走行距離が重視されます。多くのバイクはヘッドカバーからのオイル漏れや、ゴム・樹脂類の劣化は珍しくありません。しかし、フロントフォークの手入れが行き届き、しっかりと整備された車両であれば大切に扱われているとして評価が高くなり、高値で買い取ってもらいやすくなります。

KDX220SR

  • 査定・買取相場価格:50,000円
  • 査定・買取の評価ポイント:KDX220SRは、ハイパワーのエンジンが特徴のバイクです。車体が105kgと軽く、オン・オフロード問わずに軽快に走れるので人気があります。査定の際は、オーナーのメンテナンス・手入れが行き届いてるかが大事です。2ストロークエンジンを搭載しているため、買取価格があまりにも低すぎるということはありません。状態が良い車両は希少なので、高値がつくこともあります。

KH250

  • 査定・買取相場価格:200,000円
  • 査定・買取の評価ポイント:KH250は2ストロークの3気筒エンジンを搭載しているKHシリーズの250ccモデルです。純正パーツが全てそろっている車体は出回っている数が非常に少ないため、高値で買い取ってもらいやすくなっています。カスタム車でもその遍歴を記録していたものであれば高い評価につながるでしょう。

250SS(マッハⅠ)

  • 査定・買取相場価格:300,000円
  • 査定・買取の評価ポイント:怒涛の加速力を誇る250SS(マッハⅠ)。中古市場になかなか出回っていないため、実働するのであればかなり高い査定額が期待できます。もともと生産された台数が僅かだったため、中古市場に出回るのを待ちわびているライダーも少なくありません。

KX250F

  • 査定・買取相場価格:100,000円
  • 査定・買取の評価ポイント:KX250Fは、オフロードバイクの競技車両として開発された人気のバイクです。オンロード仕様のKX250Fも同様に高く評価されています。高値で買い取ってもらうためには、高年式と低走行が大切。オンロード仕様の場合はオーナーの扱いが丁寧だであること、純正パーツが装着されていることが高額査定につながるでしょう。

251cc~400cc以下

ゼファーχ

  • 査定・買取相場価格:5,000~759,000円
  • 査定・買取の評価ポイント:ゼファーX(カイ)はバイクファンの間では非常に人気の高いモデルでしたが、排ガス規制が大きな要因となり2008年9月に生産終了。その際に特別カラーが施された限定車の「ファイナルエディション」が発売されました。中古車市場で常に人気を集めている限定モデルです。年式や走行距離、限定カラーかどうかによって買取価格が大きく変動します。「今後は生産されないであろう」と予想されている空冷4気筒エンジンが搭載されたバイクとして、販売終了から長らく経った現在でも高値の買取相場が維持されているバイクです。

ゼファー400

  • 査定・買取相場価格:65,000~168,000円
  • 査定・買取の評価ポイント:ゼファー400は走行距離と保管状況が高額買取のポイントとして重要です。生産された年式によってC1~C7型に分けられ、最終型のC7型は買取価格が高額になる傾向があります。また、旧車とされつつある初期型でも価格が高騰するケースもあり、保管状況の良し悪しで価格が大きく変動します。空冷4気筒車両が少なくなった今では、非常に高額な買取価格となることもあるバイクです。2バルブ空冷4気筒エンジンのゼファー400は「カワサキらしさ」が感じれるマシンとして今もなお根強い人気があります。

ZRX400

  • 査定・買取相場価格:5,000~565,000円
  • 査定・買取の評価ポイント:プレミア価格がつき価値が上昇しているZRX400。今後カワサキでは400cc4気筒のネイキッドが生産されないことに加え、見た目の渋さから男らしいバイクとして高い人気を得ています。発売からすでに20年が経とうとしているのですが、売却のタイミング次第では大きな利益が得られるので、相場の確認は必ず行ないましょう。中古車販売価格は2018年で発売当時の67万6千円を超えることもあり、さらに販売価格が上がればそれに伴って買取価格も高騰するため、手元に置いて温めておく価値もあるバイクといえるでしょう。

ZZR400

  • 査定・買取相場価格:30,000~172,000円
  • 査定・買取の評価ポイント:ZZR400を高価買取してもらうポイントは、外装のキズの少なさと低走行の2つ。400cc4気筒フルカウルで大柄な車体、二本出しのマフラーはこれから生産される可能性がほとんどなく、価値が上がり続けていく見通しです。そのため、後期型にあたるN型は一段と高値で買取される傾向にあり、エンジンが動く状態であるだけでも査定額に期待が持てます。ZRX400と同じエンジンを使用しており、ZZR400のエンジンがダメになっても乗り続けたい場合には、エンジンを丸ごと載せ替える換装もできるようです。

W400

  • 査定・買取相場価格:185,000~374,000円
  • 査定・買取の評価ポイント:保管状況によって買取価格が大きく別れるカワサキW400。平成28年の排ガス規制によって希少モデルとなったため、その中で状態の良い車両を探すのは困難です。屋内保管されている低走行車両のW400があるなら、高値で取引される可能性が高いです。カスタム車両でも状態が良ければプレミアム価格が付くケースもあるため、保管状況には気を配りたいものです。Wシリーズとして親しまれたバイクで、近年の車両の中でもひと際クラシカルで独特な形状となっています。

バルカン400クラシック

  • 査定・買取相場価格:15,000~149,000円
  • 査定・買取の評価ポイント:バルカン400クラシックの買取では保管状況、メンテナンス状況が重視されます。長期にわたって青空駐車や雨が当たる場所で保管されていると、メッキの部分など細かい箇所でサビが発生するのは避けられません。特に注意が必要な箇所はフロントチョーク部分。売却を考えてメンテナンスを欠かさないようにしましょう。カワサキが販売しているバルカンシリーズのクラシックカスタムモデルであるバルカン400クラシックは、ロングツーリングと街乗りのどちらにも最適なバイクの1つです。

Ninja400

  • 査定・買取相場価格:224,000~390,000円
  • 査定・買取の評価ポイント:ツーリングからスポーツ走行まで、幅広い走りをカバーしてくれるNinja400。高価売却のためには、高年式と低走行がカギとなります。2013年式が初期モデルで現在までスペックの変更はなく、モデルチェンジも行なっておりません。車体の洗車を行ない日ごろからピカピカにしておくことで、高年式にも劣らない査定額が出るでしょう。デザイン、スペック共に評価の高いNinja400は、タイミングを選ばず安定した査定額が出るバイクと言えます。これから中古の流通は多くなるバイクですが、日頃の手入れを欠かさないことで一定の価値が得られるはずです。

バルカン400ドリフター

  • 査定・買取相場価格:89,000~198,000円
  • 査定・買取の評価ポイント:固定式のスイングアームと大型のリアフェンダーが、独特のフォルムを生み出しているバルカン400ドリフター。一時期は注目を浴びたバイクですが、アメリカンバイクの中では購入しやすい種類の1つです。それに伴い買取価格も低水準と思われがちですが、車両の状態が良いと高価買取になる可能性も十分にあります。バルカン系特有の高回転型エンジンなので、発進時は原付に負けてしまうことも…。しかし、高速での安定性や加速は他のアメリカンでは味わえない優れたバイクです。

Z400FX

  • 査定・買取相場価格:198,000~891,000円
  • 査定・買取の評価ポイント:発売された時期によって6つの形式に分類されるZ400FX。高値で売却するためのポイントは実働車であるかどうかです。実働する車両であれば新車価格を超えて売却することも十分に可能でしょう。欧州で人気だったZ500を日本の免許制度に合わせて400ccにボアダウンさせたのがZ400FXです。カワサキファンも納得のエンジンデザインをしています。カスタムされた車両が多く、フルノーマル車があれば奇跡と言われるほど。多少手が加えられていても、査定額が極端に下がることはないでしょう。

GPZ400R

  • 査定・買取相場価格:90,000~530,000円
  • 査定・買取の評価ポイント:レーサーレプリカブームの時代のど真ん中に販売されたGPZ400R。そのためカスタムされた車両が多くあります。欠品のないオリジナルコンディションを保ち外装や各機関が良好であれば、査定額に期待が持てるでしょう。カスタムされたマシンでもしっかりとメンテナンスが行き届いた実働車であれば、査定から買取まで行なってくれるケースもあります。発売後は性能の高さと乗りやすさから人気となり、後継が登場してからもバイクユーザーから愛されているマシンです。

GPz400F

  • 査定・買取相場価格:120,000~510,000円
  • 査定・買取の評価ポイント:生産終了から30年以上が過ぎているモデルのため、玉数が非常に少ないGPz400F。GPZ400Rと同様にオリジナルコンディションに欠品が無く、外装と機関の程度に問題がなければ高額査定・買取と期待をして良いでしょう。希少モデルのため長期間放置された車両や不動車であっても買取を行なってくれるケースも。売却を検討しているのなら一度査定依頼をしてみても良いかもしれません。80年代当時を懐かしみ憧れのバイクにまたがりたいと今もなお人気のマシンなので、売却時の買取額には期待が持てそうです。

400SS(マッハⅡ)

  • 査定・買取相場価格:366,000~451,000円
  • 査定・買取の評価ポイント:400SS(マッハⅡ)の高価買取ポイントは実動車であることです。せっかちが多いライダーにとって、実動は安心材料の一つ。買ってからすぐに乗れる実動のマッハなら価値は非常に高く、売却時の価格にも大いに期待が持てます。発売から40年以上が経ち、排ガス規制の影響から絶版車への注目が高まっていることもあり、400SS(マッハⅡ)の中古マシン需要はこれからもさらに増していくことでしょう。

401cc~750cc以下

500SS(マッハIII)

  • 査定・買取相場価格:800,000~1,500,000円
  • 査定・買取の評価ポイント:500SS(マッハIII)は、1969年にアメリカでヒットしたのがきっかけで日本でも販売されたバイクです。現在は中古市場に出回っている数が非常に少なく、簡単に手に入れることはできません。そのため存在しているだけでも価値があり、実働できるのであればより高い値がつきます。売却する際に驚くほどの高額査定となることでも有名なほどの希少車ともいえます。不動車であっても当時の新車価格を超える査定額がつくこともあるそうです。

W650

  • 査定・買取相場価格:160,000~366,000円
  • 査定・買取の評価ポイント:クラシカルなデザインのW650。直立形状の並列二気筒エンジンを搭載しており、低速トルクが特徴のバイクです。W650を高値で買い取ってもらうには、走行距離や年式、カスタムの有無が関係しています。特に製造終了間近の年式のW650は希少価値が高く、高価買取の対象です。レトロなバイクを扱っている専門店からも需要があります。さらに、美しくカスタムされた車両はバイク買取業者で高値で買い取ってもらえることもあるバイクです。

ゼファー750

  • 査定・買取相場価格:255,000~725,000円
  • 査定・買取の評価ポイント:ネイキッドブームの再来の火付け役となったゼファー750。400ccや550ccなど排気量別にラインナップがあるゼファーシリーズのひとつです。750ccだけは特別な仕様の外装となっており、Z1・Z2シリーズをモチーフとした丸型タンクになっています。そのほかに、サイドカバーやテールカウルもZシリーズを意識させるデザインです。ゼファー750は生産が終了した今でも人気があり、十分に高値で買い取ってもらえます。より査定額をアップさせるには、状態の良し悪しが大切です。Z2を意識したカスタムが多く、カスタム車を取り扱う買取業者に持って行くと非常に高く評価してもらえることがあります。

751cc以上

GPZ900R

  • 査定・買取相場価格:150,000~426,000円
  • 査定・買取の評価ポイント:1984年に発売されて以来のロングセラーであるGPZ900R。トム・クルーズが主演の映画「トップガン」に登場したことにより、一躍人気車種になりました。玉数が多いにもかかわらず超人気車種のため、買取相場は他同型車両と比べると高めです。高い売却価格を出す条件としては低走行、外装と機関が良好な車両であること。ライトカスタム、フルカスタムで査定がマイナスになることはほとんどありませんが、フルノーマルだとより高い価格が期待できます。モデルチェンジされた後継モデルも継続生産され、1984年から2003年まで販売されました。

ゼファー1100

  • 査定・買取相場価格:250,000~598,000円
  • 査定・買取の評価ポイント:低走行、高年式な車両はかなり高額になるカワサキのゼファー1100。タンクの丸みが強いゼファー750との差別化として、400ccを大型化したようなデザインとなっています。シンプルな設計のマシンなので、カスタムの楽しさも実感できる人気のバイクです。キャブレターを採用した吸気システムのバイクでは最後の世代ということもあり、状態の良い車両はバイク買取業者から常に求め続けられるほどです。ゼファー1100は専門店ができるほどの人気車種ですが、買取価格にはバラツキがあります。業者によっても買取価格は変わるため、高額で買取を行なう業者を見つけることが必須です。

ZRX1200DAEG(ダエグ)

  • 査定・買取相場価格:519,000~990,000円
  • 査定・買取の評価ポイント:海外からも人気のあるZRX1200DAEG(ダエグ)を高額で売却するために抑えておきたいポイントは、高年式と低走行の2つです。2009年に発売を開始したダエグは、2017年9月の排ガス規制の影響を受け生産を終了しました。ZRXのデザイン性に満足度の高いスポーツ走行で、人気の絶えないダエグ。買取相場は上昇傾向にあるため、売却は様子を見ながら行ないましょう。

ZZR1100

  • 査定・買取相場価格:50,000~637,000円
  • 査定・買取の評価ポイント:「世界最速の市販車」として世界中で有名になったZZR1100は、全体的には下落傾向のあるモデルです。主な原因として、後継モデルのZZR1400に人気が移っている点があげられます。しかし根強い人気は今も衰えることがなく、後期型にあたるブラックに塗装されたフレームはD型に分類される最終型で、ZZR1100の中でもとりわけ高額での売却が見込めます。ZZR1100のオーナーとしては、買い手がいるうちに売却を行なっておくと良いでしょう。一部マニアの間ではカスタムされたZRX1100が人気となっており、モノによっては相場よりも高い価格で取引が行なわれています。

ZRX1200R

  • 査定・買取相場価格:50,000~1,450,000円
  • 査定・買取の評価ポイント:ZRX1200Rは低走行と綺麗な外装が高価買取のポイントになってきます。ダエグの前期型であるため買取価格には大きなバラつきがありますが、そのダエグも排ガス規制の影響で生産が終了。それに伴い、中古のマシンでは価値が上がっていく可能性があります。人気のシリーズであるZRXを今すぐに売却するのか、値段が上がることを想定して寝かせておくのかは、ZRX1200の新型が発売されるかどうかに大きく左右されるでしょう。人気の車種なので、新型が出ないとも限りません。新型発売がニュースになる前のタイミングで、売却を行なえるような準備をしておくのもよいでしょう。

ZZR1400

  • 査定・買取相場価格:452,000~730,000円
  • 査定・買取の評価ポイント:低走行と高年式が一般的な高価買取のポイントです。しかしZZR1400に限っては、メンテナンスを怠らず外装に傷がなければ高く評価してくれる買取業者は多く存在します。メガスポーツツアラーというジャンルはZZR1400から生まれたと言っても過言ではありません。圧倒的な馬力と威圧的なヘッドライトで、大型バイク乗りの所有欲を満たしてくれるでしょう。後期型は前期型よりも高額の査定額が付きやすい傾向にあります。綺麗に乗ることで売却額を下げずにすむため、存分にZZR1400を楽しんで売却するのがおすすめです。

Ninja1000

  • 査定・買取相場価格:482,000~885,000円
  • 査定・買取の評価ポイント:スーパースポーツとネイキッドの中間に位置するバイクとして一躍有名になったNinja1000。他にライバル車種がないので、一定層の心をキャッチし続けているマシンです。性能はスーパースポーツ、疲労度はツアラーレベルと、ライダーにとっても嬉しい仕様になっています。ハンドルは前モデルのZ1000と違ってアップタイプのセパレートハンドル。このハンドルこそが、スポーツ走行を行ないながらも疲労の少ないライディングを可能にしてくれています。買取価格が安定しており、3万kmを超えた車両でも状態によってはそれほど価格が下がりません。ZZR1400と同様に思う存分楽しんだあとに売却しても、満足のいく結果が得られそうです。

W800

  • 査定・買取相場価格:403,000~635,000円
  • 査定・買取の評価ポイント:W650からボアアップされたW800はシリーズの中でも比較的新しいモデルで、2011年に発売されました。W650よりさらにエンジンが洗練され燃費も向上。今もなお人気の高まるバイクです。年式に関わらず平均して高い売却価格が付く安定性もW800の魅力と言えます。エンジンのバルブ駆動にはドゥカティが採用している「ベベルギア駆動」を用いており、高いエンジンの耐久力を持つバイクです。

ZX-10R

  • 査定・買取相場価格:405,000~1,315,000円
  • 査定・買取の評価ポイント:ZX-10Rは高年式と、走行距離の2つが重要視されます。中には3万kmを超えていても50万円以上で売却できている実績もあるようです。2004年式のZX-10Rは旧車の部類に入り、メリットとしてはカウルのちょっとした傷ぐらいでは査定に響きにくくなります。反対に高年式の車体では新しくて良いものを求められるため、状態が良ければよいほど買取価格も高額になるでしょう。買取業者は人気のZX-10Rが欲しいため、売却の際には強気で行くことで買取金額をあげられるかもしれません。

ZX-12R(B型)

  • 査定・買取相場価格:214,000~322,000円
  • 査定・買取の評価ポイント:製造年式によってA型とB型に分類されるZX-12Rですが、特に人気なのは2002~2006年に発売されたB型のゴールドブラックカラーです。全体的に低走行で高年式の車両が好まれる傾向にあります。A型とB型ではデザインにも違いがあり、B型はカウルデザイン、スイングアームの色、ブレーキやフレームなどが変わり扱いやすく変化。より乗りやすいバイクとなりました。A・B型のどちらも在庫がなくなりつつあるため、プレミア価格が付くバイクになっています。

ZX-12R(A型)

  • 査定・買取相場価格:129,000~566,000円
  • 査定・買取の評価ポイント:ZR-12RのB型と同じく在庫の少ないA型は、低走行で高年式の条件が良いほど売却価格は上がります。ZXという冠がありますが、現行のZXとはシリーズが全く違うのが特徴です。最高速が時速350kmをマークしたスペックを持ちますが、その反面で曲がらない、止まらないといった扱いにくさが出ています。扱う人によって良さが変わりますが、プレミア価格が付く人気のマシンです。

1400GTR

  • 査定・買取相場価格:623,000~737,000円
  • 査定・買取の評価ポイント:長距離ツーリング車両として人気の高い1400GTは、正規輸入車と購入店などでの公式メンテナンス記録簿が買取価格をあげる大きなポイントです。他の車両に比べるとフルノーマルの車両が多く、元々状態が良いものが多くあります。他の車両と差をつけるには、日頃からのしっかりとしたメンテナンスが必要です。ZZR1400からさらに乗りやすく変更された1400GTRは、長距離ライダーたちから圧倒的な支持を受けています。