バイク売却するならおすすめの買取業者BEST3
バイクランド
買取価格
★★★★★
担当者の
対応
★★★★★★
バイクワン
買取価格
★★★★★★
担当者の
対応
★★★★★★
バイク王
買取価格
★★★★★
担当者の
対応
★★★★★
大切なバイクを高く売却するためのお役立ちNavi » 【状態別】事故車バイクのお得な処分情報

【状態別】事故車バイクのお得な処分情報

事故車バイクの買取に関する情報を車体の状況別にまとめました。見た目がボロボロだったり、エンジンが動かなくなったりと、もう乗らなくなった事故車バイクの売却・処分に役立つ情報を紹介します。

事故車とは?

過去に事故などを起こして、修理をした経験のある人はバイクを買い取ってもらえるか不安になるかもしれません。もちろん、事故は起きていないにこしたことはなく、値引きになるのは避けられないでしょう。とはいえ、事故車であってもきちんとした対応をすれば、思わぬ高額で買い取ってもらえるケースもあります。ここではそんな事故車の買取りについてまとめました。

事故車の定義

単純に、事故車とは交通事故を起こした履歴のある車輌と考えている人が多いかもしれません。しかし、実際に買取専門業者に依頼するような場合には、厳密な定義によって区別される車輌の状態を示します。

自動車公正取引協議会・日本自動車査定協会・日本中古車販売協会連合会が定めた規約によると事故車とは以下の通りです。

「事故・またはその他の原因で、車の骨格等(フレーム)が損傷し、損傷部分を交換もしくは修理したことがある車」を示します。たとえば、他の車輌との接触により、車の骨格部分でないバックミラーなどが破損して交換しても、この分類における事故車には該当しないことになります。

買取・転売などにあたっては、その条件に従って「事故車」「修復歴車」と表示する義務があります。これに関する規約は「自動車販売店の査定士が日常使用している中古自動車査定基準では、『交通事故やその他の災害により、自動車の骨格等に欠陥を生じたもの、またはその修復歴のあるもの』と規定されています。」

事故車と判定される修理ポイント

事故車として表示しなくてはいけない破損・修理ポイントには以下のようなものがあります(四輪車の場合も含みます)。

  • フロントクロスメンバー
  • ラジエータコアサポート
  • フロントインサイドパネル
  • フレーム
  • ダッシュパネル
  • ピラー(フロント・センター・リア)
  • ルームフロアパネル
  • トランクフロアパネル
  • ルーフパネル

これらの箇所が損傷し、修理または交換した場合には、仮に事故を起こしていなくても「事故車」の表示が求められるのでご注意ください。

事故車と判定されない修理ポイント

一方で、仮に事故を起こして交換修理を行っても「事故車」とはならない部分には以下のような場所があります(四輪車の場合も含みます)。

  • フロントバンパー
  • ロアスカート
  • フロントフェンダー
  • ボンネット
  • リアフェンダー
  • トランクリッド
  • リアバンパー
  • サイドシルパネル
  • ドア

バイクの場合の事故車、不動車、故障車の違い

バイクの場合には上記の定義と少し変わり、事故車、不動車、故障車の三種類に分類されます。ここでは、それぞれの違いについてまとめてみました。

事故車とは?

交通事故や転倒事故などの原因により、車輌の部分または全体が破損し、修理されないままのバイクは事故車とされます。

四輪の「事故車」と区別をするために、このようなバイクは「事故現状車」と呼ぶのが特徴です。

事故現状車は走らせられない状態のものが多く、外観上も根本的な修理なしには走行できないでしょう。

仮に事故が起こった場合にも、ヘッドライトやウィンカーの破損、バックミラーが外れるなどの場合には、事故現状車と呼ばれないことが多くなります。

外観上は、ヘットライト、ウィンカー、バックミラーの破損にとどまっていても、事故の衝撃のためにフレームが歪んで車体部分の修理が必要な場合は、事故現状車です。

事故現状車の呼び名は、外観だけでなく事故の状況や車体におよぼした影響などから総合的に判断されます。

どの部分にどれだけのダメージを受けているのかによっては、売却できず処分するしかないというケースが出てくるでしょう。事故車については買取価格が低いと考えて査定依頼をしたほうが良いかもしれません。

不動車とは?

「学生時代にはよく遠くに行っていたけれど、就職してからガレージに置きっぱなしにしていたバイクを何年かぶりに動かしてみようと思ったらエンジンがかからなかった」というような経験をした人もいるでしょう。

このような場合は、「不動車」に分類されます。

故障したこともなく、事故に遭ったこともない、しかし長い間放置されてしまったために動かなくなってしまったようなバイクです。仮にすぐには動かなくても、簡単な調整や修理で元通りに動き出す可能性もあります。

エンジンがかからなくても、バッテリーの交換で動くようになるかもしれません。ガソリンがキャブレターで目詰まりしているケースもあり、原因はさまざまです。パイプ、マフラーなどを清掃すれば動くでしょう。さらに、セルモーターやキックなどエンジン始動装置をチェックすれば大抵の場合、普通に動き、業者にも問題なく買い取ってもらえます。

キルスイッチの故障

ハンドルグリップについているスイッチで、エンジンを緊急停止させるためにあるのがキルスイッチです。配線に異常があったり接触不良があったりすると、エンジンがかからなくなります。また乗りたいという際には、スイッチの交換やオーバーホールが必要です。

エンジンが焼き付いている

オーバーヒートやエンジンオイルに異常が生じることが原因で動かなくなるケースもあります。焼き付いている場合はエンジンを動かさず、症状が軽い場合はブラッシングをしましょう。症状が重い場合はオーバーホールが必要となります。

故障車とは?

事故車でも不動車でもないが、トラブルをかかえた車輌のことは「故障車」と呼びます。いままで普通に走っていたのが、いきなり異音がではじめた、マフラーからの排気が白くなる、などがよくあるケースです。

このような故障車の場合、原因の多くはエンジントラブルや電気系統などの問題が考えられます。特にレギュレーター、オルタネーター、イグニッションなどの電気系統に原因がある場合が多いです。

故障車の場合には事故車や不動車と違い、原因の追究が比較的簡単で手順どおりのチェックを行うことでできることが多くなります。また、部品の交換によってほぼ完全な状態に戻るという特徴もあるので、まずは業者に見てもらうのも良いかもしれません。

もし乗らないというのであれば、修理せずにそのまま買取の相談をするのがおすすめです。バイク買取業者の中には故障車の買取にも対応しているところがあるので、いくつか業者を比較して相談してみましょう。

車両の事故別買取チェック

事故車バイクは車体の損傷状況によって査定が大きく変わるのですが、実はそれ以外にも大きな要因があります。それは依頼する引取業者

バイク自体の価値を重視、パーツ取りに使える車両を評価、特定の車種を積極的に収集など、同じバイクでも業者によって見出す価値が変わってくるのです。

自分のバイクの状態とうまく結びつきそうな業者を選ぶことで、処分・手続費用が無料になるどころか、買取価格がつくことも期待できます。

ここをおろそかにしてしまうと、修理や処分するのにも余計な費用がかかってしまう場合も。

事故車バイクの処分を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

転倒

バイク事故にはつきものと言っていい転倒事故。凹みや擦りキズなど外観が変形するものから、エンジン部や電気系統の不良など内部の故障につながるものまで様々です。

車体の損傷箇所によって、買取価格も大きく変わってくるのがポイント。外装が破損していても、意外な価格が付く可能性が見込めます。

転倒歴のあるバイクの売却方法を見る>>

炎上

走行中のマシントラブルによるものや、外的要因で炎上したバイクも買取業者によっては価値を見出してくれる可能性があります。

バイクとして機能しないどころか、ほとんど原型をとどめていないものでも、場合によっては買取価格が付いたり、無料で引き取ってもらえるケースがあるようです。

炎上したバイクの売却方法を見る>>

水没

冠水道路の走行や河川での転倒など、水没したバイクの買取を積極的に行なっている業者もあるようです。

エンジン不良や動作不良を起こしていても、修理が容易だったり、パーツ取りの車体として価値があれば、買取価格が付くことも十分期待できます。

水没したバイクの売却方法を見る>>

不動車

動かないバイクは、査定をして適正な値段で買い取ってもらうことが可能です。長期間乗らずエンジン内部が固着・腐食したバイクでも買い取ってくれる業者がいます。

査定額は、バイクの状態や動かなくなった原因によって異なるので、バラつきがあるのが特徴です。

動かなくなったバイクの売却方法を見る>>

事故車

交通事故によって破損してしまった車両でも買取ってもらえるケースがあります。生産数が少なくて希少価値があるバイクだった場合、事故車にしては高値の査定額を提示してもらえるでしょう。流通数の多い車両でも、まだ使えそうなパーツの状態が良ければ買取ってもらいやすいです。

未成年の買取

未成年でもバイクを売却は可能です。しかし、保護者の同伴もしくは同意書が必要になります。同意書は業者が用意しているケースが多いので、直接問い合わせてみましょう。